2011/06/22

詰めの甘さ

更新が滞ってしまったのだが、最近はそれなりに撞けるようになってきた。土方Pと撞いても、以前のように全然歯が立たなくて相手にならない、ということも減ったように思う。と、そんなわけで調子がいいこともあり、日曜日に開かれたクラウドナインのABC戦に出場してみた。結果は、ベスト8。決勝トーナメントの2戦目で、優勝候補筆頭のKさんに敗れてしまった。そして、このKさんが、今回のABC戦の優勝者となった。今回の試合、しばらく仕事が忙しかったこともあり、1週間で1時間ほどしか撞いていなかった。だから、探り探り。にしては、要所でうまく取り切ることができたし、いい感じで進められたのではないだろうか? 3連勝で決勝トーナメントに進んだ。

さて、決勝のトーナメント表を見て、初戦を勝てばKさんが上がってくるかな? とちょっと思っていた。初戦をやっとこさ勝って、やっぱりKさんとの対決になったわけだ。このゲーム、結果として負けたのだが、まぁまぁいい球を撞けていた。むしろ、全体的には僕のほうが主導権を握っていたと思う。でも負けてしまったのは、完全に詰めが甘いから。特に試合になると、視野が狭くなってしまって、よりいい選択というものができなくなる。そのダメな部分が出てしまった。

ずっと残っている悔しい球は、3−4(5先)で迎えた6番。このラックは、2番でセーフティー合戦になった。かなりいいセーフティーを決めて、Kさんが当てるも見えてしまった2番からの流れだ。5にキレイに出ていいかたちになったのだが、5から6で厚めに出してしまい失敗。クッション付近から8を入れる(9のある方のコーナー:8がとおるコースはあった)のを嫌ってちょっと弾き気味に撞いたら、6番をトばしてしまったのだ(下図)。どう考えても、5はストップ気味でいいし、クッション際の「への字」でも、8は頑張って入れられる可能性は高かったはずだ。なんというか追い込まれていたこともあり、慎重さに欠けてしまった。

110621_01

5から6でしっかり確認していれば、もっとフリを付けたほうがいいことくらいわかっただろう。そしてこのときの最大の問題点は、8をサイドポケットに入れる選択肢を忘れていたこと。角度はあったが、サイドに入れることは全然可能だった。6がやや厚めになっても、順引きで入れれば、6を入れやすくそして8をサイドに取る位置に手球を持ってこれたはずだろう。そもそも、8のサイドを考えていれば、5をもう少し薄めのとろうと意識したはずだ。8をコーナーに、としか考えられなかったところが、ムリな出しを連発してしまった原因のように思う。

実は、そもそもこの台全般的に、そしてこの6を狙ったコーナーが特に、ウケが悪いイメージがあった。ポケットが狭いわけではないが、キレイに真ん中からポケットに向かわないと、カタカタと出てきてしまう。それをわかっていたというのに、6を強めに撞いてしまったことも問題だと思う。この試合、2−0でリードしていた。そして3ゲーム目に、Kさんが7番をカタカタし、穴前に残った配置が回ってきたのだ。ちょっと遠目の嫌な7だったけど、うまく入れて手球を引いて、8にも最高の場所にポジショニングできた。この8を順引きで入れようとして、穴前でカタカタと残してしまった(下図)。それほど強めに撞いたわけではないが、手球を9に戻そうと思うあまり、ちょっと力が入りすぎてしまった。8がクッションに完全にタッチしていれば、この配置は迷わず逆を切って切り返していただろう。ただ、8が2ミリほど浮いていたので迷ったのだ。でも、ウケの悪い台なら、切り返しを選ぶべきだった。それにこの8−9を取るというのはものすごく大きなことだ。3−0になるのだから。それを考えると、もっと入れを重視して撞くべきだったと思う。

110621_02

この8をトばしたことは大きなミスだが、そのミスをもっと大事な場面で繰り返したことが、この試合の最大のダメなところだろう。同じポケットに向かって、強めに弾くように撞いて、入るわけがないのだ。6番を撞くときに、一瞬でも3ゲーム目の8番を思い出せば、取り方も変わっただろうし、もっと我慢しようと考えたはずだ。結局、いろんなところで詰めが甘いのだ。しかもこれは技術が必要ない。要は、頭の使い方だけ。こういうのこそ、きっちりと覚えておかないと、もったいない。

» 続きを読む

| | コメント (1)

2011/05/22

奇跡(?)のポジショニング

まず、314-2 FATの報告から。やっとタイミングにも慣れてきて、ロングドローなんかもタイミングよく引けるようになった。が、ちょっと遠目の球だったりで入れミスすることが多い。いろいろとやってみてなんとなくわかったのは、手球からブリッジまでの距離を短めにして、「トン」と撞くようにするといいってこと。もともとキレるので、ブリッジの距離が短くても大丈夫。ちなみに、現在発売中のCUE'Sで、各プロの手球とブリッジの距離が載っていたのだが、僕も自分のを測ってみると、だいたい30cmくらい。土方P並みだ。あのくらいキューが真っ直ぐ出るなら遠くてもいいけど、いまの自分のストロークでこれは長すぎる。気持ち短めにして、入れの安定度を増す方向にシフトするいいきっかけだと思う。

とはいうものの、314-2はほんとに入れやすくて、無理しないで入れつなげるプレーがしやすい。コンスタントに取り切れる。で、昨日クラウドで相撞きしているときの取り切りが、自分の中でも結構素晴らしいものだった。特に3から4の出し(下図)。2から3でややミスして薄くなってしまった3番。これをコーナーに入れるのだが、次の4番がものすごく難しい。5番が近くにあり、ポジションすべき場所が狭くなっているのだ。もちろん、5番とクッション際は球1個ぶん空いていないので通らない。

110522

まぁ、通常なら、図でいう下の長クッション側に出して、4から5へは切り返すパターンだろう。が、この3番を入れてそこに出すのは結構力加減が難しい。弱めに撞いても行き過ぎてしまう可能性がある。まぁ、そのときは4をコーナーバンクにとればいいのだけれど・・・。で、結局この配置、引きを入れて強めに撞くことにした。イメージとしては4の近くにあればいいかなという感じ。この配置なら、セーフティーしやすい。と思ったら、うまく手球がクッションで死んで、キレイに4と5の間に吸い込まれて止まったのだ。あとは取り切って終了。おぉ、なるほどと思った。このラインなら、強めについて出せる。しかも手球がもっと走っても、5に隠れることはないし、ラインが少しズレたとしても、4や5への当たり方がよさそうだ。なんとなく漠然としたイメージで撞いたけれど、こういう球をハッキリとしたイメージとして撞けるかどうかというのは大きいかもな。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2011/05/13

314-2 FATシャフト

実はこそっと新しいシャフトをゲットした。314-2 FATだ。いわゆる超ハイテク。前々からこのブログでも書いていたのは、314の「ヘコ」っとなる打感がダメで合わないということだった。キュー先が逃げるのが速いためか、タップが手球に当たったときにバットに打感が伝わってこない。力が逃げているイメージがあったのだ。それが、最近何本か314-2シャフトを付けたキューを撞く機会があったのだが、この打感が314のときとは違ってうまく伝わっている印象を受けたのだ。ならちょっと使ってみよう、と思って購入した次第。で、何度か撞いてみて、ハイブリッドアルファとの違いが見えてきた。と言うわけで、アルファと比較したときの、僕が感じたよいところ悪いところを挙げてみようと思う。

●よいところ
・スピンののりがいい
これは文句なくキレる。特にヒネリののりがいい。のりがいいというよりも、スピンが残る感覚が合っているかも。捻ったとき2クッション目からの動きが違う。2クッション目からの伸びがあるので、アルファを使っているときよりも手球が伸びてしまうのだ。この辺は感覚を覚えていく必要がある。
・先球が安定する
とにかく先球がきれいに走る。ただ入れるだけなら、アルファよりも楽だ。結構強めに撞いても、先球がブレないので、カタカタすることも少ない。
・とにかく素直
これだけでいいのかも、と思う。すごくラインも読みやすいし、撞い加減の距離そのまま進む感じ。まだ感覚が慣れていないだけで、きちんと覚えてしまえば、ほぼイメージ通りに転がってくれそう。素直だからこそ、真っ直ぐ撞けば球が入る。逆に言えば、例えば捻ってスロウで入れるなんていうことがイマイチ合わない。厚みを合わせて撞くほうがいい。捻っていても同じで、ただ厚みを合わせて撞くだけ。この感覚は面白い。
・厚めの逆ヒネリはまったく怖くない
ものすごく逆を切りやすくなった。見越しがないっていうのは、ホントにすごいかもと感じる。これも厚みを合わせて、そこに向かって真っ直ぐ撞くだけ。フリがあるとやっぱり難しいが、厚めだとわかりやすい。僕は厚めの逆押しなどがちょっと苦手だったので、これは重宝する。

●悪いところ
・手球がのらない
ここが最大の問題かも。撞き方というか、キューの突っ込み方で手球をコントロールすることがあるが、これがまったくうまくいかない。例えば引き球のとき、やや下の撞点をトンと撞く/スーッと撞くと使い分けることで、手球の引きの回転をコントロールできた。が、これがなかなかできない。より引くなら下の撞点を撞く、それだけ。まぁそのほうがわかりやすいし、アルファよりも下の撞点を撞きやすいのだけれど・・・。
・パワーがない
これは思ったよりもなくて残念だった。けど、見越しがなくてここまでのパワーが出せればいいかなとも思う。このパワーというのは、強く撞いたときのものではなくて、普通に撞いたときのパワー。僕は結構弱めに撞くことが多いのだが、そうるとみんな手球がショートしてしまう。アルファのときは、球を転がしたいときにキューを長く出すようなイメージで撞くと距離を伸ばせたのだが、314-2ではそうやっても球は進まない。結局、撞点でほぼ決まってしまうということだろう。

と、ここまでいろいろ書いてみたものの、結局どっちがいいとも言えない。314-2のほうが球が入れやすくて実戦向きだとは思うけれど、やっぱり打感や感覚的な部分はアルファのほうがいい。ただ、314-2につていは、まだそれほど撞き込んでいないので、新たな発見があるかもしれない。とにかく軽く撞いたときのスピンののり方がいいので、弱めに撞きつつ回転で走らせる取り方ができる。もうちょっといろいろと遊びたいので、いまは314-2メインで行く予定だ。ややヘコっとした感じが気に入らないけれど、シャフトがもうちょっと締まってきたらいい感じになるかも、なんて思っている。とりあえずは、慣れるまで頑張ろう。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2011/05/11

六本木BAGUSで取材

実は、先日、仕事で六本木BAGUSに行き、THE BAWDIESというロックバンドの撮影をした。バンドのビジュアルとビリヤードが合うなということで、ビリヤード場での撮影となったのだ。六本木BAGUSの個室での撮影だったのだが、撮影前にメンバーのみなさんにビリヤードで遊んでもらった。小学生時代からの同級生ということで、かなり仲がいい。ケンカもいちどもないそうだ。すごい! と、そのときの様子がBAGUSの広報さんのブログで紹介されている

バグース広報のブログ

ちなみに、仕事でビリヤードに関われたというのはちょっと面白かった。なんというか、ある程度わかっているのでやりやすい。まったく畑は違うのだけれど、少しでもビリヤードを広めていければなと思うわけだ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2011/05/06

にゅるっと撞く?

クラウドで土方Pと撞いているとき、クッションからのヒネリでの走らせ方がものすごくうまいなと思う。手球にある横の回転だけで、クッションから球が走っていく感じなのだ。だから、いつも同じような加減でクッションから手球が進む。きっとこのほうがポジショニングでミスが起こりにくい。これを文章で書くと簡単に見えてしまうが、実際にやろうとすると難しい。

先日も、ちょっと遠目の球を入れた際、手球がスッと横回転だけで進んでいった(下図)。撞点は横だけだそうだ。手球が前に進むのは、的球に当たるまでに加わった惰性での前身回転だけ。横だけの加減で持ってくるというわけだ。理論的にはわかりやすい。手球の前後の回転というのは、どうしてもラシャの摩擦力を受ける。でも、横の回転はラシャの摩擦を受けにくい。だから同じ加減にしやすいのだろう。と言っても、この球を横の撞点だけで入れるのはなかなか簡単なことではない。土方P曰く、「にゅるっと撞く」のだそうだ。土方Pは、遠目の球でも、けっこう立てキューのときも、あまり苦にせずヒネリを入れているのだが、にゅるっと撞くと見越しが出にくいらしいのだ。まぁ、この撞き方をマスターするのは難しいかもしれないけれど、とりあえずは横の回転で手球をクッションから走らせるという動きは、マスターしたほうがいいな。

20110506

» 続きを読む

| | コメント (0)

2011/05/02

オアシス

実は昔から気になっていた日本製のカスタムキュー「オアシス」を撞かせてもらう機会があった。その方のモデルは、エボニーベースにピンクアイボリーのハギ。これがかなりよかった。バットがかなり固めなのか、手にガツンと来る感じ。シャフトは314だったのだが、タップが固くなっていたので、そうした全体的な固さも影響したのだろう。にしても、日本刀っぽいイメージで切れ味鋭い感じがした。例えばシャフトをハイブリッドアルファとかしなりのあるタイプにして、固いタップを付けるとか相当よさそう。いままで撞かせてもらったキューの中でもかなりいいな。いままでランブロスがほしかったけれど、オアシスで同じようなものを作ってもらうっていいかも。

ちなみにオアシスは、佐藤さんが製作しているカスタムキュー。
Sato Cue Repair Service

佐藤いさおさんのイニシャル「S.ISAO」を反対から読んで「OASIS」(オアシス)というまめ知識は、持ち主さんにも伝えておいた。実際、まさかここまでいいキューだと思わなかった。デザインもシンプルだし、来るべきときの候補に入れておこうかな。と言っても、僕のDishawもなかなかよいので、まだまだ使おうと思っているのだが・・・。あ、その前にリペアしなくちゃ。佐藤さんにやってもらいたいな(笑)。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2011/04/25

なんとなく近況

東日本大震災以降で初めての更新となるわけだが、被災地の方々は大変なんだろうなと思いながらも、それでも球を撞いてしまっていたりする。きっと被災されたビリヤード場もあるだろうし、キューが流されてしまったという人もいるかもしれない。そもそも避難所生活では、ビリヤードを楽しもうとさえ思えないかもしれない。現在、突然ビリヤードを失ってしまったら・・・と考えてもいまいちピンと来ない。それは辛いかもしれないけれど、なんとなくそれはそれで受け入れられてしまうような気もする。と、まぁ、しばらくブログを更新していなかったので、近況なんかを書いてみようかなと思ったわけだ。

最近、ビリヤードから少し距離を置いて、いろいろな物事を見られるようになった気がする。例えば何か練習をしているとき、それがうまくいくにはどうしたらいいか? とか、そういうところばっかり目がいってしまって、どちらかと言えばビリヤードにドップリな感じだった。それはもっとうまくなりたいという気持ちの表れなのだろうけど、ビリヤードの練習時間を無理やり作ったりとか、どうも気持ちがビリヤード中心になってしまう。まぁ、上達するには必要なことなのだろうけど、そういう気持ちが少しずつ減ってきているような気がするのだ。だからといって、ビリヤードに飽きてしまったのかと言えば、そういうわけではない。やっぱり撞けば楽しいし、やっぱりうまくなりたい。簡単に言えば、自分のビリヤードをする姿というものを、冷静に見られるようになったのかもしれない。そして、いい意味での投げやり感もできてきたりしている。変なやる気のなさというか・・・。

実は自分もこの状態がどういうものなのかよくわからないので、なんとも言えないのだが、それでも以前よりもいい球が撞けるようになっている。初めてフォーレストのトーナメントで優勝できたし、相撞きでもいい球が撞けている。そうそう、ずっと付けっぱなしのタップ、モーリVがものすごく固くなってしまって、まるでブレイクキューのタップのようになっている。が、それがなかなかいい。さすがにそろそろやばそうだけど、固くても結構球を乗せて撞くことができる。以前のモーリは、自分が好む寿命が短くて嫌だったのだが、このモーリVは固くなってからいいので、ずっと付けていられる。4、5カ月くらいは普通に大丈夫だろう。ちょっと高いけど、これだけ使えるのなら最終的なコストは安上がりだ。というわけで、今後しばらくはモーリVを使い続けてみようと思う。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2011/03/03

韓国で撞いて来た

2月の末から3日ほど、韓国に旅行に行ってきた。韓国料理が食べたい! 買い物がしたい! とにかく韓国に行ってみたい! という理由だったのだが、空港からバスでソウル市内に向かうときから気になる看板がチラホラ。3色、もしくは2色で3〜4個の球が並んでいる看板。ビリヤード? とやっぱり思ってしまうのだが、それにしては数が多すぎる。ちょっと街中を走れば5分に一件は見かける感じ。こんなにたくさんビリヤード場があるとは思えないので、これは何か別のものだろう? 何だろう? と思っていた。

が、その看板はビリヤード場の看板だった。調べてみると、韓国ではビリヤードがとても浸透していて、3人にひとりはちょくちょく遊んでいるのだとか。日本で言うところのカラオケに近いかな? 最近はネットカフェに押され気味だそうだが、いまでもビリヤード場がいたるところにあるらしい。とは言っても、韓国で主にプレーされているのは3クッションや四つ球といったキャロムビリヤード。ポケットは女性向けのイメージで、あまりプレーされていないのだとか。と、ちょっと調べてみた知識を並べたわけだが、実際にソウルでも観光地として有名な明洞(ミョンドン)を歩いてみると、ビリヤードの看板がたくさん見つかる。ここは、日本で言うところの原宿に近いかな? いろんなお店が並んでいて、若者もたくさん訪れる。広さも竹下通り一帯に近いかも。そんな明洞を軽く歩き回っただけで8件のビリヤード場が見つかった。ひと区画一件くらいある印象だ。そのうち、ポケットと明記されているところは半分の4件。基本的には、ポケットがあるビリヤード場は近代っぽくてわかりやすい看板(下写真:左)、ポケットがなさそうなところは昔ながらの看板(下写真:右)といった感じだ。

110303_01

そんなビリヤード場の中から一件選んで、入ってみることにした。「ビュンキュンファンプロのビリヤードクラブ」(下写真)。明洞駅近くの世宗ホテル裏にあるビリヤード場だ。銀行があるビルの地下1階にあるのだが、同じところにある岩盤浴が有名らしい。観光客が結構ひっきりなしに出入りしていた。いろいろとある中、どのビリヤード場にしようか悩んでいたのだが、古い感じのところは怖いし、なるべく広くてキレイなところにしたい。「プロ」がいるお店みたいだし、安心かなと決めた次第だ。

110303_02

入ってみると、その広さに驚いた。ポケットは5台だけど、ブランズウィックという素晴らしさ(下写真:左)。そして、ズラーッと並んだキャロムの台は25台くらいあった(下写真:右)。圧巻。16時くらいに入店したのだが、お店にはまだ誰もお客さんがいなかった。最初は、ポケットを撞こうと思って入ったのだが、キャロムの台の数がすごかったので、これは本場でキャロムを撞こう! なんて思ってしまった。そこで、店員さんに「キャロムを教えてほしい」と片言の英語で頼んでみたのだが、「私は日本語も英語もあまりできなし、コミュニケーションが取れないから教えられない」(というニュアンス)と断られてしまった。あぁ、もっと韓国語が話せるように勉強しておけばよかった、と後悔。結局、ポケットに案内してもらった。

110303_03

料金は、1時間で10000ウォン。日本円にすると800円くらいだから、日本よりも高い印象。ただこの料金でジュースが一杯無料で付いていた。聞いてみると、キャロムも同じ価格らしい。てことは、キャロムの価格は相当安い。やっぱり韓国ではキャロムを撞かなくちゃなんだよ。ということで、小一時間ほどポケット撞くかなと思ったのだが、なんとハウスキューはすべてキャロム用のキュー! どれもシャフトが太くて先角が細い(下写真:左)。これでポケットを撞くと、パワーはあるが全然キレない。というか、球が軽いからうまく力が伝わらない印象。まぁ、そんなに入れにくいという感じではないが、やっぱりポケット用のキューのほうが撞きやすいかな。ポケットの人気が低いからか、ラシャもクッションもコンディションが悪かった。ちょっと面白かったのは、各台に備え付けられているスコアボード。下段に入店からの時間が分刻みで表示されていて、どのくらい入店したのかすぐにわかるようになっている(下写真:右)。そうそう、ビリヤード用の手袋も貸してくれるらしく、そっとテーブルの上に置いてあった。

110303_04

しばらく撞いていると、すぐにお客さんがやってきた。もちろん、キャロム。キューケースを担いで3人のおじさまが入ってきて、すぐにプレーしていた。その後も、どんどんとお客さんがだいたい3〜5人くらいのグループで入ってくる。やっぱり韓国はビリヤードがさかんなんだなと実感した。なんか、どんどんどんどんポケットの肩身は狭くなるし、そもそも韓国という知らない土地だしということで、早々に切り上げようと1時間よりもちょっと前にお店を出ることに。なんと、分単位で料金は設定されているらしく、10000ウォンよりも安い金額を支払えば大丈夫だった。今回、短い時間だったけれど、なんだか韓国のビリヤード事情がわかった気がして楽しかった。今度はある程度韓国語がわかるようになって、そして何よりもキャロムを練習してからまたやってこようと思う。球撞いて焼き肉食べて買い物して・・・。って、きっと最高の韓国になるだろう。

» 続きを読む

| | コメント (4)

2011/02/09

キッズビリヤードキャンペーン

突然だが、本日発売の週刊少年マガジンを見ただろうか? 巻末の「もう、しませんから。」に北山Pが登場し、ビリヤードを紹介しているのだ。そして、そこからキャンペーンがスタート。それが「キッズビリヤードキャンペーン」だ。お子さんと一緒にビリヤード場に行くと、大人ひとりあたり子ども2人までのビリヤード料金が無料になるというキャンペーン。詳細はこちらで見てもらったほうがいいのだが、こうしたビリヤードを広めようという規格は本当に素晴らしいと思う。

実は北山Pとは、Twitterのフォロワー同士なので、このキャンペーンがどんどんと実現していく様子をつぶやきを通して見ることができた。それが実現したいま、やっぱり微力ながら応援したいなとブログに記事を書いた次第だ。親子でビリヤードするって、なんかすごくいいと思う。3月末日まで続くこのキャンペーン中は、もしかしたら家族連れがビリヤード場に増えるかもしれい。そして、もっともっとビリヤードが一般に広まってもらえるといいなと思う。

» 続きを読む

| | コメント (4)

2011/02/01

グリップを握る

ブログの更新は滞っているが、球はしっかり撞いている。そして、最近、ちょっとフォームを変えたので、それを体に覚え込ませるために日々取り組んでいる。と言っても、それほど大きな変更ではない。グリップをきちんと握るようにしたのだ。「そんなの当たり前」と思われるかもしれないが、実はきちんと握れてなかった。キューを突き出す瞬間は握れているのだが、ストロークの途中で軽く浮いてしまっていたのだ。

ただ、これは自分自身でわかっていてやっていたことだ。昔から、キューは真っ直ぐ平行に出したいと思っていたし、それがいちばん安定すると思っている。真っ直ぐというのはイメージしやすいが、平行というのはなかなかイメージできないので難しい。ヒジから下を振り子のように動かすビリヤードのストロークは、絶対にそのままではキューは平行に進まないのだ。手球を捉えてからなら、ヒジをうまくたたむことでキュー先は真っ直ぐに進めることができる。が、そこまでが問題。ヒジを固定してキューをうしろに引くと、絶対にキュー尻が上がってしまう。そこで僕はこれまで、キューを引いたときに軽く握りを開いていた。開いて、突き出すときにまた握り込む感じだ。そうするとキューを引いたときにキュー尻が下がるので、平行に出る。が、それが最近イマイチだと気が付いた。

事の発端は、クラウドでHJくんと撞いていたときのこと。キューが回転する・しないを見ているときだった。キューを出すと、わずかだがキューが回転することがある。それは半回転とか4分の1回転とか。通常のセンターショットのような真撞きのストロークは真っ直ぐ出ていても、引きヒネリなどのときは回ってしまう。それはキューに余計な動きがあるということで、そのブレが手球に伝わっていると予測できるのだ。どうも引きが加わると、キューが回転しがちなようだったので考えてみた。そして見つけた。引き球のときはキューがラシャに近くなるため、平行に保つのが難しい。よってグリップの開きを大きくしてキューじりを下げているのだ。

そこに気を付けて、試しにしっかりと握って球を撞いてみたところ。ものすごくキレイな球スジになった。特に順引きなどのブレがなくなり、見越しも合わせやすい。変なブレが見越しまでブレさせていたのだろう。ブレのないストロークは、狙ったところにしっかりと手球が進むのだ。そんなわけで、グリップを握るよう意識してから、簡単な球をトばすことがものすごく少なくなった。そして、自信を持ってキューを出せる。このストロークを、無意識の状態でできるようになるまで、体に覚え込ませていこう。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«トリオ