« 力を抜いてブレイク | トップページ | C級に逆戻り!? »

2004/02/19

ウェイトボルトの交換

パワーブレイクのウェイトボルトを交換した。当初、18.9オンスにする予定だったが、結局、さらに軽く18.7オンスにした。いまよりも0.5オンス軽くなった。プレイキューよりも0.1オンス軽い(まぁ、この差はほとんどないので、プレイキューと同じ重さといったところ)。

ウェイトボルトはキュー尻のバンパーを外した中にあると以前書いたが、実はこのバンパーがなかなか外れない。手だけで外そうとするのはほぼ無理なので、強くしぼったおしぼりやタオルなどでキュー尻をギュッと押さえ込んで回してやるといい。Mezzの場合は、バンパーにもネジ山が付いていて、回して外す仕組みになっている。バンパーが無事外れれば、あとは六角レンチで内部にあるボルトを回して抜き出せばいい(写真)。

040219

このボルトだが、短いから軽いというわけではない。今回は1オンスのボルトを抜いて、0.5オンスのものに変更したのだが、実は0.5オンスのほうが長い。素材が異なり、長いほうがステンレス(たぶん)で、短いほうはアルミでできているのだ。もちろん、0.7オンスとか、微妙な重さのボルトだと、さらに短いものもある。さて、これだけ軽くしたブレイクキュー。タイミングよくブレイクできないと、きっとラックに手球が弾かれてしまうだろう。うまく体重を載せて、手球に重さを伝えなくては・・・。

|

« 力を抜いてブレイク | トップページ | C級に逆戻り!? »

コメント

お邪魔します。
ワシは、ビリヤードのことはわからないのですが
写真が素敵ですね!かっこいい
エゲレスでは、ビリヤードの試合の模様を日曜日などによく放送していますよ(あとダーツね・笑)

投稿: Yuki Murata | 2004/02/19 18:17

そうそう、よくワールドチャンピオントーナメントなどがイギリスで開催されていてうらやましい。
ケーブルテレビで見ることはあるんだけど、やっぱいつかは本場で見たいなぁ……。
ビリヤードとダーツって、つながりが深いみたい。
日本でもビリヤード場には、だいたいダーツマシンが置いてある。
どんなつながりがあるのだろう……。

投稿: アライ | 2004/02/19 18:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/212280

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイトボルトの交換:

« 力を抜いてブレイク | トップページ | C級に逆戻り!? »