« スナイパーの撞き心地 | トップページ | いい加減な球を撞くな! »

2004/03/17

飛んだ! けど・・・

タイトルを見てもらえばわかるとおり、新宿スポーツランドにて、エアシューターでジャンプショットの練習をした。ひと言でいえば、「難しい」。クッション際に手球があり、レール上でブリッジが組めればストロークに幅が取れるのでキューを突き出すことができる。これなら、1〜2ポイントの距離の球ならジャンプで越えることが可能だ。とはいっても、3球に1球くらい・・・。手球がクッションから離れてしまって、ラシャに直接ブリッジを組む状態では、まったく越えない。短いストロークで、コンパクトに素早くキューを出すって、本当に難しい。僕にとってジャンプショットは、大きな武器にはなりそうもない・・・。でも、クッションから1ポイントくらいの間までなら、膝を台に載せて、その上でブリッジを組むことでなんとかストロークの幅を長く取れるとわかった。と、しばらく練習していたのだが、そんなとき店員さんから「ジャンプの練習はほどほどにしてください・・・」のひと言。そりゃそうだよなぁ・・・ラシャ傷めるし・・・。で、練習をやめたのだが、みな、どこでジャンプショットの練習をしているのだ!? という疑問が湧いた。実践で学んでいるのだろうか?

続いて、ブレイクの練習も兼ねながら、ひとり9ボール。どうもブレイクを繰り返すうちに、フォームが前屈みになってしまう。するとブリッジで体重移動を止るという悪い面が出てきてしまうのだ。1回はものすごい引き球を撞いてしまった。撞点が下すぎたこともあるだろうが、急ブレーキで手球が1番の手前で失速し、ラックに当たっても3個くらいの球しかクッションに入らなかった。ちょっと笑えたけど、こんなことではダメだ。楽に楽にをイメージしながら、コンパクトなスイングを心がけよう。そうそう、プレイ中だが、キューを出す時に「1,2」と頭の中でリズムを唱えるといいようだ。センターショットのときに自分に最適なリズムを覚えて、どんなショットのときでもそれに合わせてやるといい。僕の場合は時々打ち急いでしまうことがあるのだが、「1」で少しタメができるため、このクセがなくなった。強く撞く時にバックストロークを長く取りすぎてしまうことがあるが、それも「1」でこらえられるために抑制できる。また「2」の瞬間に、それに合わせて自然にキューが突き出るような感じがする。この「1、2」を唱えるようになってから、遠目の球でも入れが安定してきた。うまい人は、見ていて球を撞く時のリズムがいい。それとはちょっと違うかもしれないけれど、同じリズムで球を撞けるっていうのは、こういうことなのかも。

「失敗して当然」にて、エアシューターで飛ばす極意(?)を取得。

|

« スナイパーの撞き心地 | トップページ | いい加減な球を撞くな! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/313987

この記事へのトラックバック一覧です: 飛んだ! けど・・・:

« スナイパーの撞き心地 | トップページ | いい加減な球を撞くな! »