« ブレイクのフォームを再改革 | トップページ | 飛んだ! けど・・・ »

2004/03/16

スナイパーの撞き心地

ブレイク練習だけではなく、アシベでは、タップをスナイパーに変更したSA-5の撞き心地もチェックした。モーリーMよりも柔らかいので、キュー先が裁きやすくなった印象。具体的には、ヒネリの見越しが合わせやすい。順、逆問わず、かなりの距離の球でもひねって入れられる。特に、かなり薄い球でもひねって入れられるようになった。気になるキレに関してだが、押し、引きはモーリーよりも切れる。ただヒネリの乗りはほとんど変わらないかも。でもこれは、まだスナイパーが柔らかいので、もう少し締まって固くなってくれば変わるだろう。また、今日はラシャを張り替えたばかりの台だった。そのため、球が走る走る。キレが増したと感じたのは、手球が走るから・・・というのも考えられる。というわけで、スナイパーに評価を下すのは先にしよう。

とりあえず、見越しが合わせやすくて、ひねってポジションできるようになったのは大きい。これまで怖くて引いて出していたポジションを、押しで走らせて出せるようになった(下図)。このような配置はかなり頻繁に出てくる。スクラッチが怖いので、引きヒネリで軽く撞いて直接ポジションするか、やや下の撞点を強めについて、一度下の長クッションに入れてからポジションしていた。ただ、これらの方法よりも、逆ヒネリの押しで、回したほうがポジションミスが起きにくい。力加減もかなりアバウトでいい。もちろん、周りに散らばっている球の配置にもよるが、ポジションの選択肢が増えるのはいいことだ。とにかく、このときの「入れ」は不安なく撞けるようになった。まだまだ簡単なフリをトばすなど、スムーズなキュー出しができていないときがあるが、全体的に自信の持てる入れと出しが増えてきたように思う。

040316

|

« ブレイクのフォームを再改革 | トップページ | 飛んだ! けど・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/306935

この記事へのトラックバック一覧です: スナイパーの撞き心地:

« ブレイクのフォームを再改革 | トップページ | 飛んだ! けど・・・ »