« 飛んだ! けど・・・ | トップページ | 力みすぎ »

2004/03/19

いい加減な球を撞くな!

と、自分自身に声を大にしていいたい。「1、2」のリズムも含めて、あれだけ打ち急がないようにしているのに、ちょっと簡単なフリだとポンと撞いて、あげくにトばすことがある。ビリヤードでは、たった1球のいい加減な球が、すべてを狂わせてしまうことがある。もっと真剣に1球1球に向かわないと、絶対にうまくはならないのだ。このいい加減さが、ボーラードに顕著に表れてしまった。スコアーは93点で、内訳はストライクが1回で、スペアーが3回。まぁ数字だけ見ればそれなりといったところだが、ストライク以外のフレームでは、最初のラックで落とせた球の最高が「4」だったのだ。1球トばしては、「やばい」と気合いを入れ直してなんとか頑張る・・・の繰り返し。だったら、最初のフレームから気合いを入れればもっといいスコアーが出るのに・・・という感じだ。

ボーラードのスコアー93点から換算すれば、シュート率は83パーセントくらいといったところ(「ボーラードのスコアとシュート率」参照)。ブレイクで的球が1個入った時のマスワリ率は2〜3パーセントと低いのだが、本日、久々にマスワリを出した。6から7へのポジションをミスして、逆フリになってしまったあとの、無理やりな入れが決まった結果だ(下図)。球なりに走らせれば自然に8にポジションできるので、力加減はそれほど難しくない。そのため、とにかく「入れ」に集中した。実はこの少し前のラックで、最後の9番をトばすという惜しいものがあった。このときは8に真っ直ぐな配置になってしまい、引きでポジションしようとしたら、9に対してかなり薄くなってしまうというミスが・・・。でも、ブレイク後の球の散り方もよくなってきたし、少しずつ進歩しているのかも。もう少し、「入れ」に自信を持って撞けるようになると、さらに飛躍できる気がする。

040319

|

« 飛んだ! けど・・・ | トップページ | 力みすぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/323206

この記事へのトラックバック一覧です: いい加減な球を撞くな!:

« 飛んだ! けど・・・ | トップページ | 力みすぎ »