« 力みすぎ | トップページ | キューを出す »

2004/03/21

ジャパンオープン

東京は竹芝にあるニューピアホールで開かれた、2004年度ジャパンオープンの決勝トーナメントを見に行ってきた。最高に面白かった! 到着するなり、緒戦でいきなりレイズ対ジョン(鄭)が。ジョンの撞く球やストロークがとても美しくて応援していたのだが、相手がレイズとは・・・。前回はあと1セットのところから連取されて逆転負け。今年こそはと思っていたが、スタートから4セット引き離すも、そこから追いつかれてまたまた逆転負け・・・。でも、最後にものすごいカットを決めるなど、ジョンらしさが見られてよかった。実際に見ても、やっぱりストロークと球が美しい。どうしたらあんなショットが打てるのだろうか?

女子のほうでは、浜西を応援していたのだが、こちらも緒戦敗退。相手が強かった。結局その相手の高(Kao)が優勝した。女子の決勝戦は台湾勢同士だったのだが、ものすごく見応えがあった。これを見ただけでも、今日の3000円の価値は十分にある(写真)。とにかくKaoはうまい。女子とは思えないような球を撞く。男子に混じってもそこそこ勝てるのではないか? 決勝に残った台湾勢は両者ともに若そうだし、これから先、日本の女子は勝てそうにないなぁ・・・。

040321

女子の優勝は台湾のカウだったが、男子も同じく台湾の夏(Hsia)だった。この人は、ワールドプールリーグにも招待されている実力者で、順当といえば順当だったが、もう少し日本人にも頑張ってほしかった。たったひとり、山本Pが準決勝まで残って、ランキング1位の実力を見せたが、ほかの人は緒戦ですべて消えてしまった。また、アマでただひとり、渡辺選手が決勝トーナメントに残っていたのだが、緊張していたのか、かなり固かった・・・残念。応援している選手がすぐに敗退してしまう結果ではあったが、それでも全体的にゲームはレベルが高くて見応えがあった。また機会があれば行きたいと思っている。そうそう、エントランスなどでプロを間近に見られるところもいい。日本人の選手はもちろん、レイズやブスタマンテまで・・・。ビリヤードのプロって、台に向かっていないときは、普通の人なんだなぁ・・・と親近感を覚えてしまう。しかも、ブスタマンテに握手をしてもらい、世界最強のブレイクを手に入れたつもりになった。このアットホームな会場の雰囲気も、素晴らしく気に入ってしまった。

|

« 力みすぎ | トップページ | キューを出す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/334878

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンオープン:

« 力みすぎ | トップページ | キューを出す »