« キューを出す | トップページ | 安定した「入れ」 »

2004/03/24

手球を走らせる

新宿スポーツランドでの朝練だが、今日はゆったりとしたフォームでスムーズにキューが出せるよう意識していた。練習というよりも、自分のビリヤードの全体を見直そうという感じ。そのため、ひとり9ボールが中心となった。ここで悪い部分を見つけて記しておけば、今後の練習の課題が見えるというわけだ。

細かいフォームに関しては、これまでいくつも課題があったので何とか修正されつつある。問題は、リズムとか心理面といった、なかなか克服するのが難しい部分だ。どうも「入れ」に意識が行き過ぎているような気がする。入れの自信が、まだまだ足りないからなのだけれど・・・。そのため、手球を置きにいってしまいキューが出ない。また「出し」に関しても、狭い場所で手球をコントロールしようと考えてしまう。トータルすると、チマチマとした手球の動きが中心になり、ストロークが縮こまってしまうのだ。例えば、今日もマスワリ配置が何度かあった、その中で一番惜しかったのは6から7への出しを失敗したもの(下図)。もう少しキューを長く出して手球を走らせようという意識があれば、センター付近くらいに手球が来ていただろう。結局、長クッション際のややロングショットとなり、7番をトばしてしまったのだ。

040324

長くキューを出して手球を走らせたほうが、入れも出しも安定する。でも、手球の転がる距離が長くなるため、どうしても怖がってしまってできないのだ。長く走らせると、ポジションできる自信がないというのもあるだろう。実は、キューが出ないことが、「押し」に影響を与えている。タップをスナイパーに変えたところ、柔らかめのため、手球を強く撞くといったん沈んで弾く感じで手球が進む。強い押しの時に撞点がきちんと上になっていなかったり、キューが出ていないと、弾いてしまうために手球に前進回転があまりかからなくなってしまうのだ。もちろん、きちんとキューが出ていれば、押しのキレは素晴らしい。今後は長く走らせるポジション取りを意識してみよう。おのずとキューが出るようになってくるかも。

|

« キューを出す | トップページ | 安定した「入れ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/346333

この記事へのトラックバック一覧です: 手球を走らせる:

« キューを出す | トップページ | 安定した「入れ」 »