« キュー切れアップ | トップページ | エアシューター »

2004/03/10

ポジションの練習

新宿スポーツランドでの朝練。相も変わらず、センターショットとロングドローなわけだが、なぜかロングドローが引けなくなってしまった。きちんと一番下の撞点が撞けていない。素振りの時に下の撞点に合わせていても、ストロークするとキュー尻が上がっているようで、いざキューを突き出すと撞点が上にズレてしまうようだ。スパンとキューを出すと引けるのだが、なかなかうまくいかない。これはキューを出すタイミングが関係しているようで、「タイミングがいい」と思うと、すんなり引ける。いつも同じタイミングで撞けるように、ちょっと意識しながらキューを出そうと思っている。

最近は、真っ直ぐキューも出るようになってきたし、そろそろポジション練習をしっかり始めようと考えた。練習方法は、4つの球をテーブルにバラバラと散らして、手球をセンターに置いた状態からスタートするというもの(下図)。9個の球を散らして、9ボールのように順番通りに入れるという方法でもいいのだが、これは球の数が多くて疲れるし、何よりもポジションミスしたときに同じ配置を作りにくい。また、邪魔な球などトラブルがあると困ってしまう。まだまだトラブルを回避するレベルではないので、とりあえずは簡単な配置でもポジションできるような技術を身に付けたいというわけだ。

040310

取り出しは、4つの球の中から好きなものを選んでいい。ただ、その次からは順番通りに取りきるようにするため、できれば一番小さな数字の球にポジションしやすいものから入れる。例えば、1〜4番の球を使い、4番から始めようと思ったら、まず4を入れて1にポジションし、あとは1→2→3と取りきっていくのだ。簡単な配置ほど、気合いを入れてよりよい位置にポジションするという練習にもなるし、やってみると意外に難しい。一番のお勧めポイントは、的球をトばしたり、ポジションミスしたときに、その配置を再現しやすいところ。そのため、何度も繰り返してミスした配置を練習できる。いまのところ4つすべて取りきれるのは、5回に1回くらいかな。トラブルのない状態なので、これがほぼ完璧に取りきれるように「入れ」と「出し」の技術をアップしていかなくては。

|

« キュー切れアップ | トップページ | エアシューター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/283767

この記事へのトラックバック一覧です: ポジションの練習:

« キュー切れアップ | トップページ | エアシューター »