« 詰めの甘さ | トップページ | 息を止める »

2004/04/04

失敗して当然

クラウド9で、とことん撞いた。が、あまり厚みが見えず・・・。また最近、ダメなことが多い。でもうまくなったと思ったら戻っての繰り返しなのかも。ということで、開き直ったほうがいいように思えてきた。どうせトばすのだから・・・と、スパンと撞くようにすれば実は球はきちっと入ってくれる。そんな開き直りの気持ちで撞けるとうまくいく。とにかく今の実力はこの程度だと認識して、やはり基本的な練習をしっかりと続けるように心がけよう。

ただ、ブレイクはなんとなくうまくいくようになった。手球に押しがかかってしまうことはあるけれど、いい感じで球が散る。もうちょっとコントロールを重視して、取り出しが見えるようなブレイクになるといいだろう。そうそう、エアシューターを使っていたら、相撞きしている人がジャンプについて少し教えてくれた。これまで、ブリッジをラシャに付けなくては安定しないと思っていた。そうすると、キューを降り出す距離が短くなり、土手から離れてしまうとうまくジャンプできなかった。が、ブリッジは空中でもいいようだ。というか、そのほうがキューを出す距離が伸びてしっかりと飛ぶ。ブリッジを組む手の肘を体に付けて、空中ブリッジでもしっかりと固定してやればいい。なんと、ダーツストロークでも飛んだ。ダーツは手首のスナップでキューを振り下ろす。球2個分くらいの距離ならかわせそうだ。なんだ、エアシューター飛ぶじゃん! と改めて感動。強力な武器を手に入れてしまった。

|

« 詰めの甘さ | トップページ | 息を止める »

コメント

はじめまして。
私は同じエアシューターを使っている者です。
エアシューターはデザイン的には(キューバランスも含め)ダーツストローク用に出来ています。
ダーツに慣れれば障害との距離が玉1個分でも楽に飛びますし、ロングジャンプにも対応でき、かつ方向性も得られます。
当てるだけのジャンプから、入れるジャンプとして使えるようになると思います。
私もMEZZが好きで使用しているもので差し出がましいとは思いましたがお役に立てば幸いです。

投稿: スギケン | 2004/06/14 22:43

ダーツストローク……できないんです。一応、飛ぶことは飛ぶのですが、まったく狙ったところにいきません。どうもダーツストロークだと、キューを内側に巻き込んでしまうようなのです。特にロングジャンプなど、力を入れようとするとこのクセが顕著に表れてしまいます。

ダーツストロークは、キューの真上に顔が来ないので、イマイチ狙いが定めにくいのですが、何かコツなどあるのでしょうか?

投稿: アライ | 2004/06/15 20:25

ダーツストロークのスタンスはクローズドスタンスになります。
エアシュータではバットのこぶの部分を鉛筆を持つように持って顎の下にキューが来るように構えると良いと思います。
クローズドスタンスですが、飛ばす方向へ若干前傾姿勢をとると構えやすいかもしれません。

内側への巻き込みに関してですが、ダーツストロークではパワーはいりません。
手首のスナップでキューの重みを手玉に落としてやるようなイメージで『ストン』と落とすだけで簡単に飛びます。
あとは近い距離からだんだん障害玉の距離を遠くしてロングの感覚に慣れてはいかがでしょうか?
ちょうどドローの練習で先玉の距離を少しづつ遠くするような間隔ですね。
方向性でもう一つ。
突いた後のフォローを飛ばす方向に少しだけ付けてやると方向性も安定しますよ。

投稿: スギケン | 2004/06/16 22:45

さっそくのお返事ありがとうございます!
なるほど、クローズドスタンスですか。どうも上半身にばかり意識がいってしまい、棒立ちだったように思います。とのため、体が開いてしまい、狙えなかったのかも。ドローの練習と同様というのはわかりやすいですね。今度、さっそく試してみます。

投稿: アライ | 2004/06/16 23:19

Good site! The fresh actual information.

投稿: sprint ringtones | 2007/06/29 15:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/396723

この記事へのトラックバック一覧です: 失敗して当然:

« 詰めの甘さ | トップページ | 息を止める »