« イメージで入れる2 | トップページ | 細かい手球のコントロール »

2004/05/26

イメージで入れる2

イメージを重視した「入れ」について、もう少し詳しく書こうと思う。この入れにしてから、キューを突き出すラインを集中して狙って・・・ということがなくなったので、かなりテンポが早くなった。もちろん、難しい配置の時はやや迷うことはあるのだが、それはどちらかといえば、入れるイメージが浮かぶのに時間がかかるという感じに変わった。また、この入れの場合、的球をトばしても、イメージが合わなかったと簡単に思えるようになり、引きずらなくなったのもいい。すぐに気持ちを切り替えられる。ただし、だからこそ、何でトばしてしまったのか、という原因をつかみにくいマイナス点もある。以前、入れが強くなってきたときに、ポンポン撞くことが多くなり、キューを突き出すときにグリップを強く握り混んでコジってしまうということがあったのだが、こうしたことには気を付けなくてはいけない。そのため、練習を始める前には、必ずセンターショットなどでキューの出方を確認するようにしている。

話は変わって、今日の朝練では、ストレッチをしなかった。そうしたら、首の右側の筋と右肩が痛くなってしまった。ストローク自体には、あまり力が入っているとは思えないので、きっと原因はブレイクだろう。体にそろそろガタがくる歳だし、きちんといたわらないとダメだなぁ。

|

« イメージで入れる2 | トップページ | 細かい手球のコントロール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/660593

この記事へのトラックバック一覧です: イメージで入れる2:

« イメージで入れる2 | トップページ | 細かい手球のコントロール »