« 引きの練習で入れがアップ | トップページ | ポジショニングの要は引きと押し »

2004/05/07

キューのキレ

今日はどうしても練習したい配置があった(下図)。手球はセンター付近で、的球はポケットから1.5ポイント離れたレール際。レールからは球1個分離れている。ここから反対の短クッションの的球にポジションするというものだ。これは、おととい実際に遭遇した配置。長クッションからの跳ね返りが足らずに、中途半端なポジショニングになってしまった。長クッションで逆回転となるために手球の勢いが殺されてしまうため、かなり強めに撞かなければならない。「こんなに強く撞いていいんだ」なんて思いながら、何球か練習した。

040507

あとは相も変わらず、4つの球を散らしたり、ひとり9ボールをしながらポジション練習をしていたのだが、ふと気が付いたことがある。引きの時だけキューの突き出しが足りないのだ。キューを出そうという気持ちは、ほかのショットと変わらないのだが、ブリッジでキューをグッと押さえつけてしまっているため、そこでキューが止まってしまっているような感じがする。そこでブリッジに力が入らないように気を付けながら、いつも通りにキューをスパンと出してみた。すると引ける引ける。入れも安定するし、どうもブリッジを動かしていたために、引きの入れでミスが多かったようだ。かなりの確率で手球が的球に当たった瞬間にピタッと止まり、そこからギュンと戻ってくるような引き球ができるようになった。ブリッジは、しっかりと固定しつつ、力を入れて動かしてはいけない。う〜ん。1歩前進したのだが、なんかまた難しい課題が増えてしまったような気がする。

|

« 引きの練習で入れがアップ | トップページ | ポジショニングの要は引きと押し »

コメント

あ、これ59の2出しでよくやるダシですね~。
最初厚めで手玉死にやすいからかなり強く左下撞かないと出ないんですよね。
最近厚い球と穴前処理とトラブル処理がマイブームです( ´∀`)

投稿: あんこ | 2004/05/09 21:19

厚い球と穴前処理は、結構得意かも。ただ、トラブル処理は、怖くて避けて通っております。気にすると、ほかの球がまったく入らなくなってしまうもので……。

投稿: アライ | 2004/05/10 12:05

得意ジャンルなのですか!それは強いですねー。
トラブル処理はキスショットの原理を覚えちゃうとビックリするほど良い感じに攻められますよ。
なんか他の人が苦手なものを攻められる様になると楽しいですよね。
といいつつ私はアライさんより全然下手なので上手くなるのが楽しい状態だったりしますから比べ物にならないっすけど(;´∀`)

投稿: あんこ | 2004/05/11 01:20

いやぁ、トラブルに手球を当てようとすると、当たらなくてやや強めに撞いていたために的球から離れていったり、逆に弱すぎてトラブルに当たっても割れなかったり……力加減が難しいです。コツってあるのでしょうか?

投稿: アライ | 2004/05/11 15:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/554783

この記事へのトラックバック一覧です: キューのキレ:

« 引きの練習で入れがアップ | トップページ | ポジショニングの要は引きと押し »