« 実力アップの要因を探る | トップページ | サイドかコーナーか »

2004/06/17

車の運転との共通点

実は前々から思っていたことがある。ビリヤードと車の運転は似ている。スムーズに運転している人を見ると、車の運転は簡単そうに見えるのだが、実際免許を取る時になるとすごく難しいとわかる。でも、いったん免許を取って乗り始めると、しばらく乗っていれば慣れてきて、ある程度スムーズな運転ができるようになる。そこには、才能といったものよりも、経験が大きな要素を占める。

具体的に比較すると、車種の違いはキューの違いになるだろうし、速く走るとかコーナーリングがすごいというものは、押し引きやヒネリの力(キュー切れ)になるだろう。例えば、ものすごく速く車を走らせられるから運転がうまいというわけではない。だからといって、とてもゆっくり走る安全運転の人がうまいというわけでもない。車の運転がうまいというのは、すごく漠然としていて判断しにくい。でも、助手席に乗ったりすると、何となく「この人は運転がうまい」と感じる時がある。それはきっと、スムーズに運転しているからなのだと思う。車線変更、車庫入れ、縦列駐車などを当たり前のようにこなす。そこには安心感がある。ビリヤードもこれに似ていて、見ていて安心感のある人はすごくうまく感じる。というか、ううまい。時々は、ものすごいキュー切れを見せることはあるが、無理してそのような危ない橋は渡らない。車の運転でも、うまい人ほど、無理な追い越しとか速度オーバーをすることはない。

両者のうまい人に共通することとしては、スムーズな動き以外に、状況に合わせた的確な判断というのも挙げられる。車なら、前方にバスがいるとか、歩道を子供たちが歩いているとか、常に状況を把握していて、突然のアクシデントに備えられる。ビリヤードなら、トラブル状態の的球、手球の進行方向に位置する邪魔な球などをきちんと把握しているかということになるだろう。そうした多くの障害を常に意識しながら、目的に向かって進めていく。その時、一応集中はしていても、全体を見渡せる余裕もある。実はどうでもいいことなのだが、車の運転をする度に、こんなふうにビリヤードのことを考えてしまうのだ。

|

« 実力アップの要因を探る | トップページ | サイドかコーナーか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/785892

この記事へのトラックバック一覧です: 車の運転との共通点:

« 実力アップの要因を探る | トップページ | サイドかコーナーか »