« ひねる/ひねらない | トップページ | BCL級トーナメント »

2004/06/19

さて、どうしよう

いきなりだが、一度相撞きをしたことのあるOさんから(その時は1セットも取れなかったのだが・・・)、「なんビリのアライさんですか?」といわれた。なんだかうれしいような、恥ずかしいようなぁ・・・。まぁでも、ビリヤードの世界はすごく狭いように思うので、「このページを読んでいる人に、実はどこかで会ったりしているかもなぁ」と、考えることは多い。個人的な意見しか書いていないし、本人はそんなにうまいわけでもない。ただ恥をさらしているだけ? と思うこともあるが、とりあえずは「自分のため」と割り切っていたりする。

今日は、少しだけダーツストロークでのジャンプショットの練習をした。エアシューターの登場だ。平日は仕事に行くこともあり、1B2Sの小さなケースを持ち歩いている。プレイキューしか持っていないのだ。そんなわけで、実はもっと早くに練習したかったのだが、今日になった。スギケンさんのコメントを参考に、クローズドスタンスでやや体を横に傾かせて構える。そして、キューの重みを利用してストンと落とすだけ。お、良い感じに飛ぶ。また、コメント内にあるのだが、「撞いたあとのフォローを飛ばす方向に少しだけ付けてやると方向性も安定する」というのは本当だ。球2個分くらい離れた邪魔な球を飛び越えさせる練習をしていたのだが、フォローに気を付けると精度が高くなる。でも、ジャンプの練習は苦い思い出があるので、ここまで。ジャンプもすべてのショット同様、力が入ってはダメみたい。力を抜いても飛ぶんだというのがわかっただけでも収穫は大きい。

が、今日の相撞きでジャンプショットを試みたのは3回。そのうちの2回はロングだったので、せっかくのダーツストロークの出番は1回だけ。しかもその1回は、片足が台に乗り上げた状態でのもの。練習意味なし。ゲームの中だと、やっぱり力が入って練習みたいに軽いショットで飛ばせないし・・・。球2個分とか、練習通りの配置になるわけもないし・・・。ジャンプ習得は、まだまだ先が長そうだ。

さて、いつも困ってしまう配置がある。ヘッドまたはフットスポット付近に9番。そして9番がある側の、短クッションから1ポイントの長クッション際に8番という配置だ。手球の位置によって、8番への厚みはいろいろと変わってくるが、この配置、ゲームの中でよく出てくるように思う。8番から9番は、手球をどのように走らせればいいのだろう? 以前、押しの逆ヒネリを試してみたのだが、手球が中途半端な位置に止まってしまった(下図:左)。もっと手球を走らせればいいのだが、これ以上押しやヒネリを加えると8番をトばしそうな感じがする。で、実際にこの配置が今日のゲームの中で出てきてしまった。今回は、引きの順ヒネリでトライ。スクラッチが怖いので、やや弱めに撞いたら、またまた中途半端な位置に・・・(下図:右)。強めに撞くと、スクラッチしそうだし、困る。引きで9番の裏を通して、2クッションで元の手球の位置の辺りに持ってくるのが正解か? とも思うのだが、9番にキスする可能性が高い。真下に走らせて9番をコーナー狙いは、ちょっとフリが厳しくなると、入れが難しくなる。というわけで、まだ解決していない。今度この配置が回ってきたら、引きで9番の裏を通してみよう。キスしても、絶対に見えるのだから、なんとかなるだろう。

040619

|

« ひねる/ひねらない | トップページ | BCL級トーナメント »

コメント

Oです。今日はどもです。前に相手してもらったときは調子よすぎでしたので、普段はもっとヘタです。。。

図に描いてある8,9の取り方について個人的な見解を。

自分は厚めの場合は逆押しで短→長と出すのが好みです。長クッション2ポイント目にクッションするラインをイメージして押しとひねりを調整します。
薄い場合は、順ひねりで長クッション2ポイントと反対側のサイドはさんで1ポイントを結んだラインに乗せるのが好きなとり方です。9に薄めに当てるくらいをイメージします。

あくまで個人的な好みの話ですので、参考程度にどうぞ。

では、明日の試合に備えてそろそろ寝ます。
また見かけたら相手してください。

投稿: O | 2004/06/20 00:18

いつもながら熱心に玉に取り組んでらっしゃる姿勢には頭が下がります。
ダーツストロークで飛ばす感覚、簡単だったでしょ?
イメージがあれば後は技術的に手玉の発射角度に対してのキューの角度が重要になってくるんですが、言葉では説明しづらい・・・。
ビーパラのホームページを探すとその辺りの技術的な事の記述があったと思います。
今度探されてはいかがでしょう?

それから逆押しでひねる時なんですが、厚みによりますが私は押し1:ひねり2ぐらいの撞点を使います。
その時はブリッジをいつもより手玉に近づけてキューをしっかりと握りこみひねりにキューが押し戻されないように突きます。
力加減はひねり加減で変わりますから経験で覚えた方が良いと思いますが・・・。
でも確かにいやな配置ですよね。私もこの配置のときは慎重になります。

投稿: スギケン | 2004/06/20 02:15

>Oさん
さっそくありがとうございます!
今日はきつかったですね。結果は時の運だったと思います。そうそうOさんのひねったときの手球の進み方とか、キレイだなと思うことが多いです。あの球筋なら、本記事の8から9は押しヒネリで出せそう。僕の場合は、強めに撞かないと、どうも手球が止まってしまうんですよね……。ヒネリの力で走らせられるといいのですが……。

>スギケンさん
たびたびありがとうございます。ビーパラのホームページですが、ジャンプの動画などはあるのですが、記述に関してはなくなってしまったようなのです(残念)。その記事が球'sのバックナンバーに載っているそうなので、探してみようと思っています。

押しヒネリはブリッジを近づけるというのは、かなり参考になったかもしれません。ちょっとはじき気味に撞くのでは? と思ったのですがどうでしょう? とりあえず、今度試してみます。またお時間があれば、ご教授お願いいたします!

投稿: アライ | 2004/06/20 18:58

試合お疲れ様でした。
疲れますよね実際。いつもはこうじゃないと思うことの多いこと。

押しひねりですが、僕の場合はじかせ気味に突くより手玉にひねりを乗せるイメージでキューを出しています。
押しよりひねりの方が割合が多いので『斬る』ようなイメージでしょうか?

それと、ジャンプショットについてですが、CUE'Sの『ジャンプショットの極意教えます』というビデオを見ていただくと非常によく解るのですがどうでしょう?

投稿: スギケン | 2004/06/20 20:52

ビーパラのジャンプ解説、生き残ってますよ。
http://www.beparadise.com/08_knowledge/Jump_Study/Jumpshot_Report.html

自分も最近ジャンプが飛ぶようになって、結構実戦で入れに行きます。
今日の試合では全然飛ばなくて恥ずかしいところを見せてしまいましたが。

ルカシー使ってるのにダーツストロークできません。。。
今度練習してみます。

逆押し捻りですが、スギケンさんの言うとおり、押しはほとんどかけないことが多いです。中心横をつくことが多いかな。
自分の捻り方はキューを水平移動する方法なので、キューが手玉の進行方向の線と平行に貫通するようなイメージです。

クッションタッチしている玉に対して逆押しは、厚みに対する許容範囲が広い(引っ掛けになっても入る)ので、多用します。その分、ポケット内側の壁に的球が当たった場合、ポケットから出てくる回転が入るので、強さは程ほどにすると受けがいい玉になる気がします。

でも自分はヒネリまくって飛ばします。自分のスタイルとしてはヒネってとっていくことを理想としているので、ヒネっても飛ばさないストロークを身に着けようと頑張っているんですが。。。
いつになったらモノになるのやら。。。

投稿: O | 2004/06/21 01:03

>スギケンさん
通常のストロークは、ビリヤード場のうまい人などを見てイメージをつかめるのですが、ジャンプに関しては、ほとんど見る機会がありません。やはりイメージをつかむためにも、ビデオで見たほうがいいのかもしれませんね。「ジャンプショットの極意教えます」というビデオ、いつか見てみようと思います。

>Oさん
ビーパラの解説ページ、ありがとうございます。お手数おかけします。さっそく、プリントアウトしました。でも、やっぱり言葉だけだと難しいかも。実際に飛ばして練習しなくては……。

ヒネリに関しては、かなり僕にとって重要項目だと思ったので、お二人の意見を元に記事にしてみます。

投稿: アライ | 2004/06/21 13:20

Oさんが紹介しているビーパラのジャンプショットの解説、久々に読み返しました。

まったくその通りなんですが、ジャンプを始める前に読んだときは何だか難しい事に思われました。
一度ビデオで見て内容が非常に理解できた覚えがあります。
アライさんもぜひ一度ビデオをご覧になった方が良いですよ。

僕がビデオを見た後日、隣の台で試合中のペレスがジャンプショットするところを目撃しました。
手玉コーナーより対角線へ半ポイントほど、先球対角線上コーナーから短側2ポイント長側1ポイント。
もちろんダーツストロークで、手玉は4ポイント以上ジャンプして先玉をポケットし、ネクストも出てました。
あれは感動しました。

投稿: スギケン | 2004/06/21 19:57

そうですね。ジャンプはビデオなどの動画で実際に見てみないことには、あまり理解できないかもしれません。今度、ビデオを探してみようと思います。

それにしても、ダーツで4ポイントも飛ばせるんですか!? それを目の当たりにしたとは、かなり感動ものですね。僕は通常のジャンプのストロークでも2ポイント飛ばせません……。

投稿: アライ | 2004/06/21 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/798572

この記事へのトラックバック一覧です: さて、どうしよう:

» 一日あけると… [ゆろよろ]
8:30くらいにクラウド入り。昨日は会社の飲みだったので、中1日の玉撞きになる。 まずは課題の右フリへの字。 ホントに入らない。ヤバイ。 シュート率2割くらい…... [続きを読む]

受信: 2005/02/04 01:53

« ひねる/ひねらない | トップページ | BCL級トーナメント »