« 真っ直ぐにキューが出るストローク | トップページ | 逆フリにしてはいけない配置 »

2004/06/10

ビリヤードと装飾品

ビリヤードを始めるまでは、シルバーのアクセサリー(指輪)を身に付けていた。右手に3つ、左手に2つ。が、これら指輪はキューを振るのにすごく邪魔だ。特にブリッジを組む左手のものが気になる。人差し指と中指に指輪をしていると、キューに直接触れてしまうため当然だが、僕は薬指のものも邪魔になってしまう。既婚者なので、ここには結婚指輪(きちんとしたものではないのだが)的なものをしていたのだが、これも外してしまった。右手のほうはといえば、こちらも直接グリップに触れるため邪魔になる。結果的に、ビリヤードを始めると同時に、指輪をすべて外してしまったというわけだ。

また、最初の頃は時計も気になっていた。そのため、ビリヤード場に着くと、時計を外してからプレーしていた。それが最近、時計を着けたままプレーしてみたら、そうでもなかった。しばらくは気になったけど、いったん慣れてしまえば大丈夫。というわけで、もしかしたらと思い指輪をしてみたのだけど、こちらはやっぱりダメだった。ただ、僕のストロークの場合、右手の人差し指はキューに触れないので、ここには着けても大丈夫かな? と思っている。

実はビリヤードを始めた当初からこのことは気になっていて、いろんな人を見てみたのだけど、やっぱり指輪をしている人は少ないように思う。時計は、プロも含めて、着けたままプレーしている人が多い。指輪だけでなく、ネックレスなんかも、すごく邪魔になるだろう。そうそう、装飾品とは違うが、僕は帽子もダメだ。視界に入ってしまい、気になってしょうがない。ビリヤードに行かない休日などはキャップをかぶっていたりするのだが、ビリヤードに行く日はかぶれない。よく帽子をかぶったままプレーしている人がいるが、どうして気にならないのだろう?

|

« 真っ直ぐにキューが出るストローク | トップページ | 逆フリにしてはいけない配置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/745062

この記事へのトラックバック一覧です: ビリヤードと装飾品:

« 真っ直ぐにキューが出るストローク | トップページ | 逆フリにしてはいけない配置 »