« 悪いなりに | トップページ | 間合いを変える »

2004/07/18

まだまだ道のりは長い

今日は、クラウド9のB級戦に出場した。目指せ決勝トーナメントだったのだが、全然ダメ。B級でも、勝ち上がるようになるのはまだまだ先のようだ。とにかく調子の格差が激しかった。いつものことなのだが、これでは困る。ハマるといい球が撞けるのだが、いったん落ち込むとものすごく簡単な球をトばしてしまう。緒戦は、3-0でリードし、あと1セットというところから3-4とまくられてしまった。ほぼ真っ直ぐの9番をトばしたところから一気に調子が崩れ、それ以降はまったく球撞きになっていなかった。撞く前に、ひねるかひねらないか迷ってしまった。結局ひねらずに撞いたのだが、それまではひねった球が入っていたので、その流れでひねったほうがよかったかも。この選択ミスが迷いをさらに大きくして、どんどんドツボにはまっていく・・・。続いて、敗者側に回った緒戦は(ダブルイルミネーションなので)、0-2とリードされてやばかったが、ここから調子を上げて3-2でまくった(敗者側は1セットダウン)。取られた2セットは、どちらも7番くらいまで取り切って、相手に渡してしまうという最悪の流れが生んだもの。やや開き直って、配置を観察して難しそうな部分を頭に入れて撞くようにしたらいい結果が出た。2回戦目は、試合まで時間が空いたこともあり、ストロークが安定しない。長すぎたり短すぎたり、ポジションがボロボロ。「撞いたっけ?」というくらい、ほとんど記憶にも残らず0-3で負けた。よくプロの試合で、「冷える」というが、このときのポジションミスなどがそうなのかもと感じた。とはいっても、ただの言い訳で、相手の人は要所でミスをすることがなく、うまかった。

試合全体で見られたことなのだが、すごく難しい球を入れるのに、ほぼ真っ直ぐの球をトばすことが多かった。特にショックだったのは、敗者側2回戦の第1セット。8番が真っ直ぐになり、レール際の9番に出すには、押すしかなかった。ただ、押しが強すぎると、そのままスクラッチしてしまう危険がある。そこで、軽めに撞いたところ、8番をトばしてしまったのだ。強めに撞いて、やや押しがかかって手球が転がるという基本的なショットに自信が持てなかった。こういうやや押すとか、やや引くという球を、通常のショットの力でできるようにならなくてはと痛感した。これじゃぁ、勝てないよなぁ・・・。

試合が終わったあと、自分の球撞きに納得がいかなかったので、Oさんと相撞きをしてもらった。すると、マスワリが出た。結構、厳しい球が続いたのを取り切った。これが試合だったら・・・と思ったが、試合で実力以上のものが出せるようになってこそ、上位に入れるのだろう。ただ、相撞きでマスワリが出るのは、本当に久々なのでうれしかった。しかし、やはりこの相撞きでも、調子がよかったり悪かったり・・・。この調子の格差というのは、メンタルな部分が大きいのだろうか? すごく難しい課題だけど、少しメンタルに関して考えてみる必要があるようだ。

|

« 悪いなりに | トップページ | 間合いを変える »

コメント

やや○○・・・。難しいですよね。
私はキュースピードを落とすとかストロークのフィニッシュをキュー先を下げ気味にして手玉を殺すとか小手先の技に頼ることが多いです(決してうまく行ってるわけではないので悪しからず)。

以前某プロの話を小耳に挟んだのですがテイクバックのとり方で先玉に当った後の手玉の勢いをコントロールするそうです。
あまり走らせたくない時は、キュースピードはそのままにテイクバックを短めにしてやるとか、走らせたいときはテイクバックを大きく取るというものです。
なるほどと思い試してみたのですがタイミングが合わせ難くてうまくいきませんでした。
時々良い感じで突けた時はなるほど手玉が殺せたりするので、「さすがプロ」と思いました。

出来ていない自分が言うのもなんですが、一度試してみてはいかがですか?

投稿: スギケン | 2004/07/19 12:31

僕も、「やや」の時は小手先派です。でも、リズムよく撞いている時はうまくいくのですが、試合でちょっと緊張気味だったり、リズムが狂ってくるとうまく撞けなくなってしまうのです。

某プロのテイクバックの長さでコントロールというのは、「なるほど」ですね。でも、タイミングで押し引きの距離が大きく変わってしまうので、難しそう……。

そうそう、スギケンさんのコメントを読んで「そうか!」と思ったことがあります。やや引くとか、やや押すというのを、僕はこれまで短く引く、短く押すと考えていたのですが、殺す引き、殺す押しとして理解するとなんか道が開けるかも。テイクバックの長さ調節に加え、とりあえず試してみようと思います。

投稿: アライ | 2004/07/19 19:55

テイクバック…調子のいいときは無意識にやってるのかもしれませんね。今度意識してみます。

ちなみに、俺は撞点で引き(押し)加減を調整することが多いです。
ちょっと引きたかったら気持ち下目とか。
でもキューが出すぎて「オイッ!」ってことも多いんですが…。

投稿: O | 2004/07/19 22:04

撞点での調節も大事ですよね。でも、同じように、スコンとキューが出て、引きすぎたり押しすぎたりすることが多いです。難しい……。

投稿: アライ | 2004/07/20 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/999916

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ道のりは長い:

« 悪いなりに | トップページ | 間合いを変える »