« キューケース購入 | トップページ | 入れなきゃ終わり »

2004/07/08

ビリヤードバブル時代

「目標とするプロ」の記事の中で、ビリヤードを始めたきっかけはケーブルテレビの番組だと述べたが、実はこの時、すでにスタンダードブリッジや先球の厚みの取り方などの基本はできていた。なぜかといえば、それは僕が80年代後半に訪れたビリヤードバブル時代を経験しているからだ。この頃は、本当に至る所にビリヤード場ができた。高校生だった僕は、もちろんブームに乗ってビリヤード場に行った。いまはまだあるかわからないが、当時は立川の北口にあるTopos(?)の辺りのビリヤード場に3日に1回くらい通った記憶がある。そこでいつも9ボールをしていたので、とりあえずキューで撞くという動作はできていたのだ。

しかし、ビリヤードバブル時代が終わり、同時にビリヤードにもほとんど行かなくなってしまった。その頃は、面白さに気が付かなかったのだ。というよりも、間違った知識でビリヤード(9ボール)を捉えていた。映画「ハスラー2」からは、「カッコつけてやるもの」という部分を、そして漫画「ブレイクショット」からは、「いつでも9ボールを狙うもの」という知識だ。先球を見ないで、相手の顔を見ながら撞いたり(ハスラー2より)、「北斗七星」とありえないコンビを狙ったり(ブレイクショットより)・・・。とはいっても、両者ともに好きで、前者はDVD版を購入したし、後者は全巻持っていたりする。こうしたものではなく、ちゃんとした解説書などを読んでいれば、大きく違っていたのかもしれない。今になって思えば、当時の僕は、センターショットなどの基本練習というものはビリヤードに必要ないと考えていたのかもしれないと思う。ただ次の球を入れることしか考えていなかった。そしてコンビやキャノンで9ボールが狙えれば、それは迷うことなく実行していた。

この頃に、ビリヤードの面白さに気が付いていて基本練習をしていれば、きっと今頃はすごくうまくなっていたんだろうなぁ・・・と思うと後悔してしまうが、過ぎてしまったことはしょうがない。それから月日が流れて、久々にビリヤードをしてみたときに、その面白さに気が付いたことを褒めたいと思う。きっと大人になっていたんだろうなぁ・・・とも感じる。当時の自分を振り返ると、恥ずかしくてしょうがない。「カムバック」といって力任せにブレイクをしたり(ハスラー2より)、「ダグラスショット」といってミスキュージャンプを繰り返したり(ブレイクショットより)・・・。きっと周りには、基本練習をしっかりとしているプレーヤーもいただろう。彼らはうるさい僕を邪魔だと思っていたに違いない。今でも、ビリヤード場に若者たちがやってきて、大声で騒いでいたりする。そういう情景を見ると、バブル時代の自分を思い出してしまうのだ。だから、邪魔だと思う前に、なんだか微笑ましく感じてしまう。「本当はもっと面白いんだよ」と、教えたくもなる。ただひとつ。キューをバタン! と倒すのだけはやめてほしい。あの音は、ビクッとしてしまう。

|

« キューケース購入 | トップページ | 入れなきゃ終わり »

コメント

あの頃に気がついていれば・・・
同感ですなぁ~
僕もマイキュー買って本格的に始めたのは30歳過ぎてからでした。
でも3ヶ月空いたり半年キューを握らなかったりで、しかもアライさんのように深く考えることもせずに玉撞いてましたから未だにB級です(爆
そういえばこんな↓ホームページご存知ですか?
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Darts/4987/
アライさんならきっと面白いと思いますよ。雑記帳がお勧めです。

投稿: スギケン | 2004/07/08 19:00

僕は実は、マイキューを買うのがすごく遅かったのです。初めて1年以上経ってました。なんか、ある程度うまくならないと持ってはいけない気がして……。間違ってました……。

教えていただいたホームページ、すごく面白いです。参考になります。ビリヤードって、人それぞれとらえ方とか違うし、それを文章にするのがさらに難しかったりします。だからいろんな意見を知ることで、多くのことを参考にできると思うのです。僕もあのように、項目ごとにまとめて記載できれば……と思っていたのですが、それはすごく大変なことなので、とりあえずは日記というかたちで、日々感じたことを書いておこうと思ったわけです。また、面白いページがあれば教えてください。

投稿: アライ | 2004/07/09 10:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/924548

この記事へのトラックバック一覧です: ビリヤードバブル時代:

« キューケース購入 | トップページ | 入れなきゃ終わり »