« リズム以外は考えない | トップページ | なるほどサイドポケット »

2004/08/04

フリを大事に

的球を連続してポケットするために必要なことはいろいろある。狙った場所に手球が行くように真っ直ぐキューが出る、ヒネリなどを使って手球を思い通りに動かせる、もちろんシュート力もそうだ。でも、最近特に感じるのは、一番大事なのは「フリ」だということ。逆フリになってしまうと、無理なヒネリやハードショットが必要になるため、トばしてしまう確率が上がる。また、フリがない真っ直ぐな状態も、微妙な引きや押しが必要だったり、ロングドローに頼るといったリスクを伴う。このフリを大事にするというのは、とても基本的なことなので、「当然」と思なのかもしれない。でも、これまではどうしても「入れ」のほうに重点を置いてしまっていたため、実際のゲームの中では2の次になってしまっていた。

最近、入れが安定してきたため、特にこのフリについてきちんと考えるようになった。より確実に的球を取り切るには、難しい「入れ」を減らすことが必要だ。フリを考えてポジションするというのは、イコール(=)この入れの確実性につながるのだ。もちろん、フリがよくても、薄すぎるといったものは入れが難しくなる。でも、先球と手球の距離が近い薄い球なら、それほど入れを苦にしなくなってきた。まぁ、だからこそフリに重点を置けるのだけれど・・・。要は、このフリの重要性に本当に気づくのは、入れがある程度のレベルに達してからではないかと思うのだ。よく、うまい人と撞いている時に、「シュート力はあるのだからもっとフリに気を付けてポジションするといい」とよくいわれたのだが、それは頭ではわかっていても実際のプレーの中できちんと考えることは少なかった。入れにいっぱいいっぱいで、そこまで頭が回らなかったというのが正しいかも。フリがきちんとしていれば、ヒネリも必要なくなるし、力加減もしやすくなる。なんでこんな単純なことに今まで気が付かなかったんだろう・・・と思うのだが、気が付いたことが実力アップなのだとも思っている。

|

« リズム以外は考えない | トップページ | なるほどサイドポケット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/1120055

この記事へのトラックバック一覧です: フリを大事に:

« リズム以外は考えない | トップページ | なるほどサイドポケット »