« ドリームショット立川店 | トップページ | 厚みの取り方 »

2004/08/31

慎重に撞く場面

先日述べた、トばしてしまう順ヒネリを練習。どうも撞点真横のヒネリの時に、トばしてしまうことが多い。順引き、逆押しなど、上下の撞点が加わると、キュー先を上下に逃がすように撞けるため、キューを横にコジることはないのだが、真横撞点だと、どうしても横にコジってしまうことがある。それがトばしに繋がっているようだ。ひねるという意識を持たずに、真横の撞点を押し込むようにキューを出すと手球は狙った場所に向かってくれる。スロウの影響などもあるだろうが、このストロークの違いが、トばしている最大の原因だったようだ。

さて、今日は本当に久々にボーラードをやってみた。結果は113点。ダメじゃん。でも、4フレームで25点の時はどうなることかと思ったが、そこからこらえて100点オーバーまで持ってきた。とにかくスロースターターで困る。9ボールよりもボーラードのほうが、格段に難しく感じるのだが、なぜだろう? どうもボーラードだと、構えた時にトばすような予感ばかりが頭をよぎる。自信がないのかもしれない。で、案の定トばしてしまう・・・。なんか固くなってしまうような気がする。あまりボーラードをやらないからかも。ボーラードの場合、どうしても、手球の動きが少なくなるため、「おぉ、こんな出しができた!」という感動がない。なんだか面白くないんだよなぁ・・・と、確実な取りができないくせに思っている。

もちろん、9個の球を散らしたいつもの取り切り練習もした。球の配置を見て、慎重になるべき場面というものをなんとなく考えながら撞けるようになってきた。例えば、今日、取り切った配置があるのだが、この場合は5番の一番近いコーナーポケットは8番でふさがっているので、5番を反対のコーナーに狙う必要がある(コンビよりも確実に)(下図)。そこで、4番へはやや厚めにポジションできるのが理想。これがうまくいって、5番を反対のコーナーに入れられた。また、7番はサイドポケットをまたいで入れるのは厳しいので、できれば6番には順フリにポジションしたい。逆押しでこれもうまくポジション、という感じで取り切った。あ、白球がスタートの手球の位置で、白枠の球が4へのポジションからはじまって6番へ・・・という動き。以前よりも、いろんなことを考えながら組み立てられるようになってきたかも。考えながら撞くのは疲れるけれど、それがうまくいくとビリヤードって楽しいと実感できる。

040831

|

« ドリームショット立川店 | トップページ | 厚みの取り方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/1323237

この記事へのトラックバック一覧です: 慎重に撞く場面:

« ドリームショット立川店 | トップページ | 厚みの取り方 »