« ビリヤードの瞬発力 | トップページ | 力加減を統一 »

2004/09/14

ひっさびさの球撞き

調度10日ぶりの、久々の球撞きとなった。これだけ間が空くことはほとんどないので、すごく楽しみでもあり、逆に不安でもあった。さっそく球を散らして撞いてみると、的球はきちんとポケットされるし、ある程度ポジションもうまくいく。そんなにダメじゃない。厚みが見えないということもない。ただ、どうもしっくりこない。なんというかぎこちない。そして、ちょっと長めの引きや、遠目の薄い球をトばすことが多い。しばらく撞いていて気がついたのだが、リズムが合わないのだ。一応、フォームなどはこれまでの蓄積で変になっているということはないのだが、キューを撞き出すときのリズムを体が忘れてしまっているようなのだ。手球の撞点にキュー先を合わせて、ピタッと止めてスッとキューを引いて出す。この一定のリズムがイマイチつかめない。で、リズムリズムと考えると、どんどんわからなくなる・・・。こんなときは、ハードショットを連発するといい感じになることがあるので、とりあえずバンバンセンターショットを撞いてみた。その後、リズムということをあまり意識せずにキューを出すと、なんかいい感じ。リズムを取ろうとするあまり、キューが出ていなかったことが原因のひとつだったようだ。

しばらく9個の球を散らした取り切り練習をしたあと、かなり恐怖だったけどボーラードをやってみた。CUE'Sで掲載されていた夕川プロの言葉を信じて、ボーラードを練習のメインメニューに取り入れようと思ったからだ。ただそのまま10個の球を撞いていては緊張感がないので、もちろんスコアーを付けながら取り組んだ。すると、結果は158点! 初めて150点オーバーだ(下図)。というわけで、記念に全スコアーを掲載。全体的に、ブレイクがすごくうまくいった。球なりで走らせる押しを使うときの撞き方があるのだが、撞点をやや上にして送り出す感じでキューを撞く。こうしてブレイクすると、手球がセンター付近で止まって的球がキレイに散ってくれる。ブレイクはラックをきちんと組んで、集中してストロークした。その結果が、このスコアーに現れたのだろう。

040914

さて、じっくりと見ていくと、やはりスロースターター。なんで9フレからターキーなんだよ・・・と思ってしまう。気分が乗ってくるといいのだが、それまでがどうもダメだ。いつでも集中して気分が乗せられるような、マインドコントロールを身に付けられるといいのだが・・・。また、ボーラードをしていて思ったのだが、序盤から難しい取り方をしてしまっているような気がする。スペアーやストライクは、なんというか頑張って取り切った感が強い。きっともっと楽に取り切る方法があるのだろう。ちょっとボーラードの勉強もしてみようかな。とにかく、簡単な球を確実に入れる。なんか気分的に疲れるけれど、楽しいかも。

|

« ビリヤードの瞬発力 | トップページ | 力加減を統一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/1437245

この記事へのトラックバック一覧です: ひっさびさの球撞き:

« ビリヤードの瞬発力 | トップページ | 力加減を統一 »