« 勝負の分かれ目 | トップページ | ダメだぁ »

2004/10/26

どこ見りゃいいの!?

突然、わけがわからなくなった。それは、ストローク時に目線をどうしていいのかわからなくなってしまったのだ。ものすごく基本的なことなのだが、いったんハマってしまったいま、何が正しいのか判断できない。いつもの通り、センターショットや取り切り練習をしていたのだが、今日の課題として「下半身を動かさない」「ブリッジと手球の距離を短く」「撞点を確認して撞く」というものを頭に入れて取り組んだ。これまで何度も何度も記載している、新フォームについての問題点だ。で、「撞点を確認して撞く」という動作でハマってしまった。

ストロークに入る動作を記述していくと。
●的球の厚みや手球の進むラインを確認
●キューの方向、ブリッジの位置、スタンスを合わせる
●キュー先を撞点に合わせてしっかりと確認
●素振りをしながら厚みを確認(手球の向かう場所を確認)
●そこに向かってキューを撞き出す
という感じなのだが、最後のキューを撞き出す前に「キュー先を撞点に合わせて再度しっかりと確認」というものを入れてみたのだ。すると、手球を向かわせる場所(的球)を見ていた目線は、いったん手球の撞点に向かう。そしていざキューを撞き出すときは的球に目線を持っていく。この一連の動作は目線が不安点で、おのずとショットが安定しない。だからといって、ずっと的球を見ている状態で、手球の撞点を確認することはできない。どうしたらいいのだ? これまでのように、的球に目線や意識を集中して、なんとなく視界に入る手球で撞点を確認して撞くとキレイにキューは出るのだが、これではきちんとした撞点の確認にはなっていないような気がする。フォームを変更する前は、顔の位置がかなり低い位置にあったので、手球を見ながら撞き出す場所を同時に見ることができた。それほど目線を動かす必要はなかったのだ。でも、新フォームは顔の位置が高い場所にあるため、どうしても2カ所を見ようとすると目線が激しく動いてしまう。困った・・・。どうやって撞点を確認しながら撞けるのだろうか? そのうち勘で、撞点を確認できるようになるのかな?

|

« 勝負の分かれ目 | トップページ | ダメだぁ »

コメント

だれかさんです。
顔がキューから離れている時の目線の合わせ方ですか?

自分はキューを出す方向を確認したらストロークの時に撞点も合わせます。
狙った撞点にキューが出るようにストロークして腕の筋肉の動きを覚えておいて、突く瞬間は先玉を見るようにして、撞点は腕の記憶で突いてます。
ただ、目線を先玉に移すときにフォームが動いては意味がないのでそこだけ注意しています。

参考になりますでしょうか?

投稿: スギケン | 2004/10/27 06:15

おひさしです。
視線、某プロに指摘されてからかなり意識してます。
最終的に撞く直前のテイクバックの段階から視線は的球に置くように言われてます。
手玉は見ないで、スギケン氏のいうとおり感覚でストロークするそうです。
で、その前の視線の動かし方ですが、自分はイメージラインに沿ってゆっくり視線を動かすようにしてます。
遠い玉のときは、あまり視線を動かさないようにしてます。

自分はこんな感じですが、どうでしょう?

投稿: O | 2004/10/29 13:59

撞く瞬間に先球に目線を置くのは当たり前ですよね。感覚でストロークして、キュー先を合わせられるように練習してみます。目線のことばかり考えると、今度はなんだかキューが出なくなっているような気が・・・。あまりひとつのことだけを考えないで、取り組むのがいいのかも。

投稿: アライ | 2004/10/30 11:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/1780373

この記事へのトラックバック一覧です: どこ見りゃいいの!?:

« 勝負の分かれ目 | トップページ | ダメだぁ »