« 撞いてから後悔 | トップページ | 「入れ」モードへのスイッチ »

2004/10/06

引きの順ヒネリが課題

雨は降っているし、歯は痛いし、でもちょっと練習。久々にボーラードをやろうかと思ったのだが、歯が痛くて集中できないし、それどころではない基本的な球をトばしていたので入れの練習をすることにした。特に重点的に練習したのは、引きの順ヒネリ。例えば、やや引きの順ヒネリで回してポジションする球や、クッション際の球を入れるものなどだ(下図)。

041006

この順ヒネリを時々トばしてしまうことが多い。以前も書いたが、どうも厚めにトばしてしまうのだ。その最大の理由は、キューに手球を乗せて撞けていないから。はじき気味にすると、どうしても見越しが合わずにトばしてしまう。手球を走らせたいときは、キューを長く出すようにして撞くといい。上図のように、クッション際の球を入れて、しかも順引きで手前に戻しながらワンクッションさせてポジションというのは、力が入りすぎると的球がポケットからはじかれてしまうし、弱すぎると手球が進まないし、とても微妙な力加減や確実な入れが要求される。本当に難しい。今日、撞いてみたら、入れとポジションの両方を成功させることができたのは、5回に1回くらいだった。入れに集中しすぎると手球が進まないし、手球を進めようとすると的球がポケットではじかれる・・・。また今度練習してみよう。最近は、ただ単に球を散らして取り切る練習をメインでしていたのだが、こうした同じ配置を何度も何度も撞くというのは大事だと実感した。もちろん、散らした球でトばした配置は、何度か同じ球の入れを繰り返すが、頭で考えて作った配置を撞くのも面白い。センター出しとか、ポジションの基本練習もあるし、「入れ」の課題を持つといいかもしれない。

|

« 撞いてから後悔 | トップページ | 「入れ」モードへのスイッチ »

コメント

お久しぶりです。
少しハード目の捻りの時なんですが、無意識に撞点方向(と言うより手玉が進む方向)にキュー先をはらってはいないでしょうか?
意識して行なう場合もありますが、それとは違う悩みの様に感じました。
これは順捻りで回す時はさらに顕著に表れたりします。見越しを考慮した後に、最後まで我慢してキューを真直ぐに出すだけで意外と簡単に解消できたりする場合もありますよ。

投稿: jodan | 2004/10/06 01:59

お久しぶりです!
そして、すごく的確なご意見、ありがとうございます!
そうです。きっとそうです。キュー先が逃げていたかもしれません。もちろん、まだ確認したわけではないですが、jodanさんの意見を聞いて、なんか一気に吹っ切れた感じがしました。手球を押し出して・・・と考えていましたが、要はキューを真っ直ぐに出せばいいんですよね。

最近は、ヒネリに付随するスロウとか見越しなどばかりに気を付けていたのですが、もっと基本的なことを見落としていました。ヒネリは「ひねる」のではなくて、横の撞点を撞くだけでいいのに・・・。ヒネリを覚えたてのときは、元のフォームやストロークが崩れないように意識して真っ直ぐキューを出そうとしていました。その初心を忘れないように、また挑戦しようと思います。

投稿: アライ | 2004/10/06 11:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/1604391

この記事へのトラックバック一覧です: 引きの順ヒネリが課題:

« 撞いてから後悔 | トップページ | 「入れ」モードへのスイッチ »