« 無駄なく力を伝える | トップページ | いつでも同じストロークを »

2004/11/06

確認作業

結構、撞くのが早い。調子が上がってくると、そのペースはどんどん早くなる。このようにリズムが上がるというのは、いい面が多いのだが、「あ!」と、トばしてしまうことがあるので問題だ。結構難しい配置なのに、それまでと同じような感じでポンポン撞いてしまい、トばしてから後悔するのだ。

最近、じっくりと考える場面や気合いを入れ直す場面を作ることにしている。しっかりと確認してから撞くのだ。それは、まずは6番以降のハイボールを入れるとき。この辺でトばすと、上級者と対戦しているときはまず勝てない。だから普段の練習から、このハイボールを意識して取り組もうと考えたのだ。そしてもうひとつは、難球のとき。「当たり前じゃん」と思われそうだが、例えば、遠目のカットとかパッと見て難球なのはこれまでもしっかりと確認していた。忘れてしまうのは、ブリッジ近くに邪魔な球があるときの、やや立てキューになってしまった場合などだ。土手から少し離れた手球を撞くときも、やや難球なのにあっさり撞いてしまうことは多い。こうした少しでもいつものストロークで撞けない状況は、しっかりと確認するようにしたのだ。本当は、毎球しっかりと確認するのがいいのだが、これだとリズムまで奪われてしまうし、なによりも僕にはきっと集中力が続かない。だから集中するべきところを決め打ちすることにした。実はコレがなかなかいい感じだ。うまいこと集中力を維持できるし、トばしが少なくなった。確実に、石橋をたたいても渡らないほど確実に、球を入れられるようになるには、技術に加えて気持ちも向上させなくてはいけないのだ。大変だ・・・。

|

« 無駄なく力を伝える | トップページ | いつでも同じストロークを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/1879370

この記事へのトラックバック一覧です: 確認作業:

« 無駄なく力を伝える | トップページ | いつでも同じストロークを »