« マスマス面白い | トップページ | 感覚の入れ »

2005/01/11

G1での反省

前回のハチミギG1は、勝ち→負け→負けだったわけだが、「負け」の内訳について記載していこうと思う。まず2回戦についてだが、スタートから調子が上がらなかった。それは先のゲームをやっとの思いで勝った精神的な疲れもあったろうし、だからこそ負けられないという気負いもあったように思う。とはいえ、途中からリードしてあと1セットで勝利となったのだが、ここで思い出したくもない出来事が起こる。8番からキレイにポジションして、あとは9番を入れるだけというところで、キューミスしてしまったのだ(下図)。角度もちょっと嫌だし、手球はクッションにタッチしているし、簡単な球ではない。でも、ほぼ空振りに近いキューミスとはどうしたものか。今日、同じ配置を5球撞いてみたのだが、すべてポケットできた。トばすのならまだしも、手球が9番に当たらずにフリーになるのは最悪だ。これを入れれば勝てるという安堵感や緊張感が、微妙にキュー出しを狂わせたのだろう。まだまだ、こうした大事なところで気を抜いてしまうクセがあるのかもしれない。もっと最後まで気合いを入れて撞き続けなくちゃダメだなぁ。

050111

さて、敗者側の緒戦だが、こちらはスタートからいい調子だった。が、最後にブレイクエース2連発で負けてしまった。運がないといえばそれまでだが、僕のラックが悪かったのかもしれないと思った。特に2発目は、ほかの球にキスすることなく、9番がキレイにポケットに進んでいったのだ。というわけで、今日はラックを組む練習。僕のラックは、どうも右下の球がやや浮いてしまうようだ。ラックは、きちんと割れるように、頭の3球はよく見るけれど、下のほうはくっついていればいいやという感じだった。でも、これが9番にピタッと付いていないと、9番が動いてしまうのだ。で、どうしたらきちんと下の3球(特に左右下の2球)がくっつくのか四苦八苦。試行錯誤して、組むときに、キュッと締めるように横に回してやるとうまく付くことがある。そんなわけで、なんとかきちんとしたラックを組む一歩目を踏み出せたように思う。あとは実践で鍛えていこう。

ラックを組む練習をするついでに、ブレイクの練習もした。結論からいえば、遠目の球を狙うときとか、土手際の球を撞くときのように、素振りする感覚でキューをスッと出してやるとよく割れる。キューが出るタイミングに合わせて、体重を載せるだけでいい。あとは自然とキューは前に流れていく。手球を運ぶというよりも、キューで突き刺すイメージで撞くといいようだ。パワーブレイクのタップをモーリQに変更したのだが、やや柔らかめ(ブレイク用のタップとしては)のタップの場合は、こういうタイミング重視でストンとキューを落とすようなブレイクが合うのかも。軽くジャンプして1番にキレイにヒットする。こちらも実践で鍛えよう。

|

« マスマス面白い | トップページ | 感覚の入れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/2545665

この記事へのトラックバック一覧です: G1での反省:

« マスマス面白い | トップページ | 感覚の入れ »