« 残り3球 | トップページ | ピンポイントで考える »

2005/01/21

ヒネリより厚み

的球が進む方向だけを見て入れるようになってから、その方向を少しだけズラして狙うなんてことも容易にできるようになった。具体的にいえば、穴フリを利用して手球の進む距離などを調節しやすくなったのだ。薄く狙えば手球はそれだけ走るし、厚くすれば逆に止まる。またこれは、押しや引きの走る方向の調節、クッションに入る位置の調節などでも使える。で、最近よく使うのは、厚みで手球の走る方向を調節するというもの。的球がポケットに近ければ、同じ位置の手球を走らせる方向はかなり選択肢として多くなる。例えば的球がクッション際にあるなら、薄めだと真下に走るし、厚めだと戻ってくる。実はこの方向の調節は、これまでヒネリで行ってた。でも、厚みで調節したほうが、入れが安定するし、力加減でミスすることも少ない。ポケットを広く見るので、おのずと入れの精度も上がってくるという利点もある。裏を返せば、狙いすぎてミスすることもあるというわけだが、より精度の高い入れはきっと身に付いていくだろう。

そうそう、新宿のアシベで、女性2時間無料というキャンペーンが始まるようだ。土日祝の11時から18時の間入店すると、女性は2時間無料だとか。期間は、これから1カ月間。以前に比べると、ビリヤードを練習する女の人をよく見かけるようになった。もしかしたら好評を博すかもしれない。土日祝のアシベは華やかになるかも。

|

« 残り3球 | トップページ | ピンポイントで考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/2650040

この記事へのトラックバック一覧です: ヒネリより厚み:

« 残り3球 | トップページ | ピンポイントで考える »