« 1番をサイドに入れるには | トップページ | ブレイクが入る »

2005/02/25

錯覚を矯正

簡単な配置の時は、ポンポンとリズムよく撞いてポケットしていくわけだが、簡単だと思っていても、「!」と、トばしてしまう球がある。そしてその配置というのは、だいたい似たり寄ったりだったりする。そう、苦手な配置というやつだ。特に僕が苦手にしているのは、的球が台の中央付近にある時のくの字の配置(下図)。手球がレール際で撞きにくいというのもあるが、いつもだいたい薄めにトばしてしまう。そしてそのたびに、何度か同じ配置を練習するわけだが、その時は厚めに狙いを修正して練習する。だから、ポケットできるようになる。でも、また取り切り練習などをしていて同じような配置が出てくると、やっぱり薄めにトばしてしまうのだ。きっと錯覚しているのだと思うが、この錯覚というものは常に意識していないと錯覚したままの状態を引きずってしまう。厚めに狙いを修正するのもいいのだが、それでは錯覚自体を直すことはできない。で、いろいろ考えて最近なかなかいい矯正方法を見つけた。同じ角度の得意な球として認識するのだ。例えば、下図なら苦手な1番は、手球から見て2番と角度が変わらない。2番なら、きっと簡単に入れられるだろう。1番の向こうに見えるクッションを、短クッションだと仮定するというのが狙い方として近いかも。要は、状況を得意な配置にすり替えてしまうのだ。以前、短クッション際の球をミスすることが多かった。同様の方法で、短クッションを長クッションだと仮定するようになってから、こうした球が苦じゃなくなった。すり替えつつ、そして同じ配置を練習して、できるだけ簡単な苦手球は減らしていかなくてはいけない。

050225

さて、このところ特に、固く入れるということに注意している。出しミスはOKとして、入れミスだけはなくそうと思っているのだ。かなり厳しい入れになることもあるが、ポジションよりも入れ重視。弱く撞いて入れが厳しくなりそうなら、やや難しい配置になったとしても、強めについて手球を走らせるほうを選ぶ。このように入れに集中するようになってから、「入れられる」という感覚が出てきた。例えば、押しで弱めに撞こうと思って構えるよりも、引きでやや強めに撞こうと思って構えた時のほうが「入れられる」と感じることがある。こうした撞点の違いなどによって、入れられるか否かが判断できるようになってきたのだ。特にクッション際の球は、順ヒネリを入れたほうが「入れられる」と感じる。より固く入れていくというのは、ひねる/ひねらないとか、ハードショットをしないなど基本的なこともあるだろうが、「入れられる」と思える状態で常に撞くというのが大事だと最近考えるようになった。入れられると感じるまで、何度も構え直す気合いというか根性みたいなものが、備わるといいのだけれど・・・。

|

« 1番をサイドに入れるには | トップページ | ブレイクが入る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/3074174

この記事へのトラックバック一覧です: 錯覚を矯正:

« 1番をサイドに入れるには | トップページ | ブレイクが入る »