« 殺し球 | トップページ | 100球ショット »

2005/02/10

祝(?)1周年

この「なんビリ」がblogとしてスタートしたのは、去年の2月10日のこと。そう、1周年というわけだ。当時はまだblogがブームになり始めたばかりのころで、球(ビリヤード)blogもほとんどなかったし、大好きな真鍋blogもなかった。しかしblogの影響力というのは本当にすごい。去年の2月までは細々と、ほとんど誰も見ていないだろうという中でビリヤード日記を書いていた。それがblogで書き始めてから1年で、5万アクセスを超えるまでになった(アクセスカウンターは表示していないのだけれど、解析はできるのです)。これからもスタイルを変えずに、自分の日々の練習の中で気が付いたことをメモしていくような内容で続けていこうと思っている。

とはいえ、本日は1年前を振り返ってみようと考えた。過去の記事を読み返すことで、得られるものがあるかもしれない。「'04年2月のバックナンバー」はこちらで見られるのだが、開いてみて気になった記事は以下の2つ。
●レール際の的球
●ブレイクのフォーム
というものだ。なぜ目に付いたのかといえば、それはいまでも変わっていないから。レールから少し浮いた遠目の球を入れてポジションするのは苦手だし、ブレイクのフォームも現在模索中だ。レール際の球を入れて、ヒネリを使わずに手球の転がる方向をコントロールするのは難しい。特に引きに関しては、キューが出ていないと引きの回転が残らないので、しっかりと撞く必要がある。レール際の球はバタバタでポジションの幅が広がるので、いまは薄くなっても的球に近い場所に手球を持ってくることが多いかもしれない。だからといって、遠目のレール際を入れられるようにしておかないと、いざというときに困る。同じ練習をしてみよう。「ブレイクのフォーム」記事に関しては、「ストローク」部分に書いてある、肩も使ってバックストロークというのはダメかな。上体を前後に動かしすぎると、方向性も悪くなるし、瞬発力が出ないような気がする。いまは下半身に意識を持っていって、通常のストロークを下半身で押し出す感じに近いかも。そんなわけで、「体重移動」部分の記載は参考になる。いろいろと当時を思い出してしまうが、確実にレベルアップしているとは感じる。ボーラードが84点とか書いてるし・・・。でも、「同じ配置を撞く」にあるように、やっぱり実力をアップさせる最大の方法は地味な練習を続けることだという考えは変わらない。もちろんやってます。センターショット100球ノック(?)。

|

« 殺し球 | トップページ | 100球ショット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/2875199

この記事へのトラックバック一覧です: 祝(?)1周年:

« 殺し球 | トップページ | 100球ショット »