« 三位一体 | トップページ | ポジションの精度が悪い »

2005/03/06

CUE'S(4月号)

ビリヤード雑誌「CUE'S」の4月号を本日購入した。特集は、「ビリヤード、絶対うまくなるっ!」。ほんと、うまくなりたい・・・。で、この特集の三浦Pが質問に答えるコーナーがよかった。具体的な回答もそうだが、随所に入る「うまい人と撞く」といった人と撞くことを進める発言。その通りだと思う。前回の記事でも述べたが、僕はビリヤードを始めた頃、ひとりで撞く機会が多かった。そして、ストロークやポジション取りなど、多くのことは本などでその知識を得ていた。もちろん、こうした知識は役に立つ。でも、実際にそれですごくうまくなったかと言われれば、どうでもないような気がするのだ。三浦Pも述べていたが、特にストロークは個人個人で体格や楽な振り方などが異なるため、上級者など第3者に見てもらっていろいろとアドバイスを受けたほうが細かい修正点などを見つけられていいと思う。独学でずっとそれを押し通していると、いざ変更しなければいけないとき、かなり大変な思いをする。できるだけ早い段階で、多くの人にアドバイスをもらえたほうが、絶対にビリヤードは上達が早い。

ポジションやメンタルにも、人は関係してくる。一緒に撞く人がいれば、それが上級者だろうと初心者だろうと関係ない。同じ配置を前にしても、人によってそのポジション取りは異なってくる。なぜそんな出し方ができるのか、なぜこう出すのか、なぜここに出さないのか、など、「なぜ」は絶対に出てくるのだ。それが多くの知識を得るスタートになるし、経験にもなるだろう。また、この人には負けたくないとか、追い抜かれたくないとか、ライバル意識を持つというのは、モチベーションの維持につながる。実際、僕は多くの人とビリヤードを撞くようになってからレベルアップした。いまはハンデがないと勝負にならないけれど、いつかはハンデなしで対等な戦いができるようにと思えるような人もいる。実は、もっと早くに球を通した仲間ができていれば、いまごろはものすごくうまかったかも、なんて考えることがあるわけだ。

さて、雑誌は、まだ細かく全部見たわけではないのだが、もうひとつ気になる記事があった。それは「未公開の理由(わけ)」。モデルの女の子、あかねちゃんとの馴れ初めについて書かれているのだが、同業者として、この苦労、本当にわかります! 世の中にはたくさんのモデル事務所があってモデルさんがいるわけだが、要求する条件が多く、しかもその条件がニッチだと、全然ピッタリの人が見つからない。しかも連載となると、時間や○○など多くの問題が出てくる。あ、いま同じように探し中なもので・・・と、個人的な話でした。とはいえ、新たに始まった連載、ビリヤードを始めたいと思っている人にピッタリでわかりやすくていいかも。

|

« 三位一体 | トップページ | ポジションの精度が悪い »

コメント

アライさん,はじめまして。
私はkenkenと申します。

ちるさんのブログのコメントを拝見してやってまいりました。

100球センターショットですか…
私は大の苦手です。
それでも,最近は少しでも上手くなりたいがためにやるようになりました。
今,入らない理由を考え中です。(笑)

アライさんのブログはホントにためになります。
センターショットもそうですが,自分の弱いとこ解説されてるようで。
これからも勉強させてください。

私もアメブロで「一人黙々ビリヤード日記」というブログを書いてますんで,お暇なときお立ち寄りください。ではでは。

投稿: kenken | 2005/03/06 01:57

真っ直ぐにキューが出ていれば、センターショットは目をつぶっていても入ります。それを目の前で実戦してくれた人がいるのですが、そのとき、なるほどと感じました。まずは「入れる」練習ではなく、真っ直ぐキューを出すことを考えればいいのだと思ったのです。それから、なんだか真っ直ぐ撞くことができるようになってきました。いまでは、かなりの確率で目をつぶったまま入れることができます。

「一人黙々」はいつも拝見させていただいております。ビリヤードを楽しむ気持ちがものすごく伝わってきて、ビリヤードを始めた頃のワクワクした感じとかを思い出します。これからも頑張ってください。

投稿: アライ | 2005/03/06 10:25

kenkenさんとこからきました!
ビリヤードブログって意外にあるということにびっくりしました><
私も勉強させてもらいます!

投稿: まりぃん | 2005/03/06 14:55

ビリヤードブログたくさんありますね。しかも、それぞれがいろいろな視点、考えを持っていて、参考になるというのが特徴かも。このページは、半分参考に、半分鵜呑みにせずに楽しんでください。

これからもよろしくです。

投稿: アライ | 2005/03/06 22:30

わ~い、CUE’S最新号の表紙に東京オープン優勝の竹中寛プロのサインもらっちゃった♪

投稿: スギケン | 2005/03/07 00:13

↑ちょっと渋いかも。
結果を知らないのですが、どうだったのでしょう?

投稿: アライ | 2005/03/07 09:54

さくらさんは準優勝だったみたいですね。
残念だけど、すごい!
来年こそは優勝か!?
百合野P応援していたのですが、3位ですか・・・こちらも残念。

投稿: アライ | 2005/03/07 10:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/3187294

この記事へのトラックバック一覧です: CUE'S(4月号):

« 三位一体 | トップページ | ポジションの精度が悪い »