« 視野をもっと広く | トップページ | biribiri交流会 »

2005/03/25

メモ帳

実は今日、ものすごくほしくなってしまったものがあり、新宿の世界堂へと足を運んだ。それは、メモ帳。いつでもどこでも持ち歩けるサイズで、そこそこしっかりとした作りのもの。なぜかといえば、ビリヤードの練習中に気が付いたことなどを記録するためだ。実はこれまで、メモ帳などは持ち歩いておらず、blogの記事内の内容や配置については、覚えていたことを羅列するという形式を取っていた。やっちまった! というような配置とか、キレイに取り切った配置とか、そういう記憶に残っている配置はしばらく覚えているので、メモなどに記録しておく必要はなかった。ではなぜ、いまになってメモなのか。それは、実際は細かいところに注意点があって、その細かいものをひとつひとつきっちりと把握しなくては、クリアーできないことのほうが多いと気が付いたからだ。ミスを逐一記録することで、自分の不得意な部分というのも浮き彫りにされるだろう。ビリヤードは、まったく同じ配置には出くわさない、といえるだろう。ちょっと球の位置が変わっただけで、その取り方や手球の進め方などが変わってくるのだ。だからこそ面白いのだが、だからこそ忘れ去られてしまう大事なことも多いように思う。ミスをしたら、その都度メモに記載する。その理由やどうトばしたかなど。例えば、引きを入れたから手球の進みが短くなった、コース上にあるかわすべき球が気になってコジってしまった、手球を走らせようとハードショットを試みたが弾いてしまいトばしてしまった・・・といったこと。そう、その時の状況や配置によって、ミスの理由は異なってくる。もちろん、うまく取り切った配置のことや、精神的なものなど、このblogで綴っているような内容もメモしておこうと考えている。とはいえ、毎回毎回メモするつもりはない。相撞きしているときに、メモばかり書いていたら失礼だし、そもそもメモを取ろうとしていたら楽しく撞けない。基本的には、ひとりで練習している時にしようかな。

そうそう、メモ帳だが、名刺サイズで鉛筆付きのものが見つかった。このサイズなら、キューケースに付属しているポケットに入る。なんだかさらにビリキチになったみたいで、ちょっと気分もいい。とにかく、その時その時に気が付いたことを、どんどん記録していこうと思う。そして、電車の中などで読み返そう。ビリヤードで最も重要なことというか、大切にしなくてはいけないことは、簡単なものを確実に、言い換えれば、簡単なことをミスなくこなすことだと最近特に感じている。その簡単なことをミスする理由というのは、小さな小さなことで、1球撞いてしまったら忘れてしまうものもある。実は少し立ち止まって考えながら撞くことが、効率のいい練習なのかもしれないと感じている。その効率よい練習をサポートするアイテムとして、メモ帳が役に立つと思うのだ。

|

« 視野をもっと広く | トップページ | biribiri交流会 »

コメント

メモ帳といえば、こんなものもあります。

http://koiwatanuki.cocolog-nifty.com/photos/marius/photo_2.jpg

これのポケット版もあるといいんですけどね。

投稿: マリウス | 2005/03/25 18:56

↑そうそう、Mezzのボーラードのスコアブックにも付録で同じようなのが付いてますよね。縮小コピーして使おうかと思ったのですが、それも面倒だし・・・と悩んでいたのです。で、結局、普通のメモ帳になってしまいました。小さくて、それでテーブル図が上半分にあって下半分がボーラードのスコア表で、反対側が普通のメモ部分になっている・・・というのが理想的なメモ帳ですね。

投稿: アライ | 2005/03/25 19:10

いっそ作ってしまいましょうか(笑
Scratchoさんに言ってみようかな・・・

投稿: マリウス | 2005/03/25 19:20

きっと飛ぶように(?)売れますよ!

投稿: アライ | 2005/03/25 19:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/3435276

この記事へのトラックバック一覧です: メモ帳:

« 視野をもっと広く | トップページ | biribiri交流会 »