« 実にならない練習 | トップページ | やっぱり1番フルヒット »

2005/03/13

反省の連続

ハチミギのG1が行われたのだが、結果は3位(タイ)だった。それなりに撞けていたし、ポジションも入れもまぁまぁだったし、なかなかいい試合ができていたと思う。とはいえ、一番やってはいけない場所でのミスがあり、それが最大の反省点となった。準決勝のハヤPPさんとの試合。4セット先取りで、3−2とリーチをかけて迎えた第6ゲームの7番でミスは訪れた。穴前の7番を入れて8番を7番と同じコーナーに入れようと手球をポジション・・・と思ったら、8番に当たってしまったのだ(下図)。最も反省すべきは、7番が穴前だからといって、簡単に撞いてしまったこと。この日は、ほかにも穴前の球をあまり考えずに撞いてミスする場面があった。球、なめすぎ。もう少しじっくりと考えれば、もっといいポジショニングの仕方を見つけられたような気がするのだ。例えば、8番と9番の間を通して長クッションからポジションすれば、もっとキューを出したストロークでスムーズに手球を運べただろう。8番に当たってしまう心配もない。とにかく、穴前だからといってポンッと撞いてしまったことがダメダメなのだ。気持ちを引き締めなくては・・・。

050313

さらに、ミスは続く。ミスというか、続いては絶対にトばしてはいけない球をトばしたもの。上図の8番は、サイドポケットに入れられる位置で止まっていた。これはすごくラッキーだった。ただし、逆フリだったので、軽く手球を押して我慢のポジショニング。手球を引いて無理矢理ポジションする方法もあったのだが、8番の入れを確実にするには、やや弱めに撞く必要があったので何度か手球が止まる場所を確認して、ここからなら9番を入れられると判断して我慢のポジショニングになった。そう、「できる」と思った場所なのだから、できなくてはいけないのだ。ビリヤードは不思議なもので、ややフリが厳しくなっても、ポジショニングが予定通りに近いものなら入れられる。逆に、フリが簡単でも、ポジションミスでできてしまった配置だとトばすことが多い。予想と反するものに体や意識が付いていかないからだろうか? そうした現象はよく起きる。この流れでいけば、9番は入れられる・・・と思ったらトばしてしまい、入れ返されてしまったのだ。入れられると思っていたものをトばしてしまったら、次のゲームにも少なからず影響は出る。もっとじっくりと狙って、本当に確実に、何度も何度も入れられると思えるまで構えなおして、それくらいきっちりと入れなくてはいけなかった。「ここぞ」という場面でトばさないよう、こうした流れもしっかりと見ていかなくてはいけない。

|

« 実にならない練習 | トップページ | やっぱり1番フルヒット »

コメント

こんにちは。
簡単な配置をミスするときって、
確認がいい加減な時が多いなと改めて感じました。
簡単な配置だからこそきっちり入れなくちゃいけないのに、そういう部分が僕はまだまだ出来ていないようです。
練習においての真剣さも見習わないといけないなと、ここに来ると反省しきりです。

投稿: ACE | 2005/03/14 10:29

試合中や対戦中、簡単な配置が出来たときにアライさん何を考えてますか?

1、簡単だから取りきらなきゃいけない。
2、簡単だからミスできない。
3、出来た。

どれでしょうか?

って、言いたいことは、試合中(もちろん練習中)は、簡単な配置でもプッレッシャーがあれば、それは、難しい配置なのです。
だから、締めていく事が、大切ですよね(俺もそうですが・・・)。

1,2は、その典型的なパターンだと思いますし、3は、プレッシャーが少ないときに安心してミスを起す事があるパターンです。

ご参考までに。

投稿: ヒネ | 2005/03/14 11:11

3位おめでとうございます。
私のレベルだと、簡単に思える球はないですけど、調子よく撞けてて、でも、外す時っていつもリズムが狂ってるよってよく言われますね。
リズムを崩して、こじって・・・・そして、はい・・・さようならみたいな(^▽^;)
今度は、優勝目指してがんばって下さい。

投稿: ちる | 2005/03/14 12:19

>ACEさん
実はこのblogを始めたきっかけでもあるのですが、球を撞いているときは、まったく気が付かないミスとか反省点もあるのです。家に帰る途中とか帰ってから振り返ってみて、「アレはダメだな」と思うことが多々あり、それを記録しなくてはと考えたのです。きっと僕とよく一緒に撞いている人はわかっていると思うのですが、真剣さが足りないことのほうが多いのですよ。

>ヒネさん
僕は3番の意識でミスすることが多いですね。残り球の数にもよりますが、あと3球くらいになると1番がミスの原因になるかも。

結局、簡単な球を気合いを入れて撞き続けて、簡単な配置のままで進めるというのが最も簡単に取り切れる方法だと思います。が、それが一番難しかったりします。人間、弱いですから・・・。

>ちるさん
参加人数が少なかったもので・・・。あ、いつでも優勝目指して頑張ってますよ。

リズムが狂ってトばすことってよくありますね。僕はセンターショットを繰り返し撞くことでリズムを体に染み込ませるようになってから、タイミングとかリズムの違いで調子を崩すという場面が減ったような気がします。

投稿: アライ | 2005/03/14 17:35

こんにちは。お邪魔します。
ご自身のメンタル面への考察が大変面白いというか参考になります。ビリヤードはある程度から先はメンタルが大きくなってくるんでしょうね。
目の前の玉に集中することが一番大事なのに、試合の勝ち負けとかをつい考えてしまうんですよね。シンプルにプレイしたいのになかなかできません。

ところで、あつかましくも、いきなり質問なのですが(汗
私も最近ココログでビリヤード日記を始めましたのですが、←のようにアマゾンのアフィリエイトを格好良く出す方法がわかりません。
これはニフティのマイリストを使って出しているのですよね。で、アライさんのページだと上部にアマゾンのロゴが出たり、かっこよくなっているではないですか。
僕のページもこんなふうにしたいと思うのですが、やり方が分かりません。良かったらやりかたを教えてもらえないでしょうか?ヒントだけでも良いのでお願いします。

投稿: マリウス | 2005/03/14 18:04

どうもです。質問、なんでもOKですよ。
アフィリエイトですが、これはニフティのではなく、アマゾンのものを使っています。そこが大きな違いかもしれないですね。いまから詳細をそちらにコメントしに行きます!

投稿: アライ | 2005/03/14 19:03

早速お返事をいただきましてありがとうございました。
ええと、もしかしてアライさんは「ココログ・プロ」をご使用ですか?
私は「プラス」なので、できる範囲が違うのかもしれませんね。帰ったらもうちょっと詳しく調べてみようと思います。

投稿: マリウス | 2005/03/14 19:18

僕も「プラス」ですよ。だから、きっとできます。どちらかといえば、ニフティではなく、アマゾン側の違いのような気がします。

投稿: アライ | 2005/03/14 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/3288506

この記事へのトラックバック一覧です: 反省の連続:

« 実にならない練習 | トップページ | やっぱり1番フルヒット »