« フォームのチェック | トップページ | 入れるための確認 »

2005/04/26

勝つためには

日曜日にクラウドのB級戦に出場したのだが、その日の夕方から悪寒に襲われ(風邪をひいてしまったらしく)、いまに至ってしまった。B級戦を振り返ってみると、自信のなさがそのまま敗北につながってしまったように思う。結果からいえば、初戦で負けて、敗者ゾーンの2回戦で負け。1勝2敗という成績だ。とはいえ、実はものすごく調子はよかった。かなり難しい配置を取り切ったりもしたし、マスワリも出た。ではなぜ勝てないのか? それはきっと、要所での自信のなさというか、淡白な選択の仕方にあったのだと思う。

初戦は、かなり気合いを入れて望んだ。第1セットは2番から取り切り、2セット目はマスワリと2連取。球が見えていたし、きちんと確認作業もできていた。ところが3セット目で痛恨のミス(下図)。この配置、6番が9番の右下にあり(図で)、手球を持ってくる範囲が狭かった。ここを成功させて7番へも理想通りのポジショニング。が、7から8が強すぎた。引きが入るために手球の勢いが殺されると思ったのだが、7に薄く入るために、逆に勢いがついてしまったのだ。6から7に出せた時点で、どこか安心してしまったところがある。もっとよく考えるべきだった。さて、この8番をどうするか悩んで、8番をバンクで狙いつつ、手球を9番の右側(図で)に持ってくるアンドセーフティーを試みた。とはいっても、そんな技術があるわけではなく、手球は9番の右上(図で)にストップ。ところが、狙いとまったく異なる方向に進んだ8番が、フロックでポケットされたのだ。こうなると9番の入れが難しい。結局、9番は遠目のコーナーに入ったと思ったのだが、穴前でカタカタしてしまった。8番をあまり狙わずに、どちらかといえば適当に撞いてしまったのが悔やまれる。流れから考えれば、極薄カットで入れで勝負するべきところだったかも。もちろん、8番は入るつもりで、9番に出しにいく。8番を入れにいく自信がほしい。自分で流れを止めてしまったような気がする。

050426_01

それでも調子がよかったので、セットカウント2−1で迎えた4セット目も、いい感じで球が撞けていた。確か3番からだったと思うのだが、そこから8番まで持ってきた(下図)。この配置では、直前の7番が嫌らしい場所にあった。下のサイドポケット(図で)のやや右側に位置していたのだ。これをうまくポジショニングして沈めて、続いて8番となった。本当は、もう少し手球を走らせて、順フリにしたいところだったが、これでも十分だろう。で、ここで迷ってしまった。最初は、手球の右側を撞いて、ヒネリでまわそうと考えた。ところが、どうもそのショットに自信が持てなかった。で、結局は押しで弾き気味に撞いて、8番が穴前でカタカタ。この8番までは、入れという作業を慎重にこなしていたのに、迷いが生じたためにこの慎重さを忘れてしまった。どちらかといえば、出そうという気持ちだけで撞いてしまったような気がする。9番は遠くてもそれほど難しい球ではない。9番は遠くても入れられるという自信があれば、8番で無理な出しをすることもなかっただろう。入れを重視した軽めの押しでも十分だったのだ。

050426_02

どちらにもいえることだが、もう1歩考えればいいところを、そのまま撞いてしまったことがミスにつながっている。そしていつものことなのだが、どうも自分の実力に自信が持てない。敗者側の2回戦もそんな感じ。1セット目を2ー9のキャノンで取られて焦ってしまった。2セット目は、9番が穴前でストップ。その9番を1番のバンクで無理矢理狙いにいって、手球がスクラッチという最悪の結果に。「頼むから9番に当たって」という感じの、フロック狙いショットだったようにも感じる。もっと落ち着いて、セーフティーにいくとか、9番を落としてしまうとか、選択肢はあったように思うのだ。3セット目はさらに最悪で、3番でフリーボールをもらったのだが、難しい3−9コンビを狙いにいってトばしてしまった。そこから取り切られてスコ負け。4番を入れられる穴がひとつしかなく、やや難しい配置だったのだが、取り切れないという配置ではなかった。自信のなさや弱さが、そのまま出てしまったコンビだった。あまりにも情けない。調子がよくてもビリヤードは勝てない。それはわかっているのだが、では、どうしたらいいのか? まずは自信を持つことが大事なのかも。

|

« フォームのチェック | トップページ | 入れるための確認 »

コメント

アライさん、こんばんは。

>調子が良くても勝てない。
分かります。試合の流れとか、球回りの悪い時とかで勝てない時ってありますよね。
この前、凄い昔の球'sを読んでいら、『試合に負けても、自分が納得出来る負け方をしていれば、結果は後から付いて来る』見たいな事を、立花プロが言ってました。本当にそう思います。自分の実力内で納得できる球を撞けって事だと、理解しました。まだまだ、反省点ばかりな自分ですが、早く納得出来る球を撞けるようになってみたいです。

投稿: 卓也 | 2005/04/26 22:39

初戦は、自分の納得できる負け方だったと思います。ただ、敗者側の試合は、まったく納得できない・・・。

常に納得できるよう、気持ちを入れて球を撞かないといけないかもしれないですね。

投稿: アライ | 2005/04/27 20:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/3866736

この記事へのトラックバック一覧です: 勝つためには:

« フォームのチェック | トップページ | 入れるための確認 »