« 「入る」と信じる | トップページ | 安定した入れ »

2005/05/10

押し

なんかシンプルなタイトルになってしまったが、僕は「押し」のほうが手球をコントロールしやすい。そして、引きよりも的球の入れが安定している。だから、結構「押し」の微妙なコントロールなどを練習しているし、取り切りの際にも多用していたりする。球何個分押すとか、このポイント付近に止めるとか、押しを使ったコントロールはある程度正確にこなせていると思う。とはいっても、いろいろと奥が深いのが押し球だったりする。現在、僕は大きく分けると3種類の押し球を使い分けているのだが、それぞれでフォームやストロークのタイミングなどが違うため、しっかりと入れを意識していないと的球をトばしてしまうことがあるのだ。3種類の押しは、基本的には手球の進ませ方を変えるためのもの。
●上の撞点を撞き、キューをスーッと長く出す
●中心付近の撞点を撞き、キューに手球を乗せるように撞く
●バックストロークを短くして、上の撞点をチョンと撞く

最初の押しは、通常の押しだ。強めに撞くとき、どうも弾き気味になってしまう傾向があったので、最近はキューを出す長さで手球を走らせるイメージで優しく撞くように意識している。そして次の押しは、微妙に前に出る押し。例えば真っ直ぐの配置だったら、手球が転がって進む距離を調節するときに使うし、フリがあれば、キューを出しつつ手球を少しだけ前に進ませるといったことが可能なので、ポジションしにくい配置などで活用することがある。ただし、きちんと手球がキューに乗っていないと入れが安定しない。最近、特に入れの練習を行っている撞き方だ。最後の押しは、手球をほとんど走らせないときに使う。例えば、真っ直ぐの土手際など、そのまま撞いたら手球もスクラッチしてしまうという配置などは、この撞き方をすると手球はほとんど進ませないで的球をポケットできる。押しのストップショットみたな感じだ。ただ、かなり入れが難しくなるので、バックストローク時にキューを真っ直ぐに引き戻すよう細心の注意を払う必要がある。

さて、なぜ急に押しなのかといえば、自分にとって的球を入れやすいのが押しだからだ。そう、押しを中心に組み立てていくといい。でも、キューが出なくてハッと思ったときに的球をトばしてしまうことが多いのも押しだったりする。押しの入れの安定が、そのまま実力アップにつながるような気がしている。センターショットでは、ストップ中心の撞き方をしていたが、3種類の押しの撞き方を取り入れて練習していくといいかもしれない。

|

« 「入る」と信じる | トップページ | 安定した入れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/4070020

この記事へのトラックバック一覧です: 押し:

« 「入る」と信じる | トップページ | 安定した入れ »