« キューが出ない | トップページ | あっという間 »

2005/05/20

とにもかくにも

どうも最近、どんな練習をしていいのかわからなかった。球を散らして取り切ったりしているが、きちんと身になっているのか? と疑問に思ったりする。適当に撞いてしまう瞬間は多々あるし・・・。これまで100球ショットという練習を続けていて、もちろんかなり真っ直ぐにキューが出せるようになった。素晴らしい練習方法だと思う。ただ、結構入れが安定してきたときに感じたのは、感覚とか気分が入れに大きく影響するということ。何度も述べているが、「入る」と信じて撞くというのは、その最たるものだろう。だからといってはなんだが、ここのところ100球ショットをしていなかった。これで入れの感覚的な部分が磨かれるとは思えなかったし、何よりもセンターショットというものに飽きが来てしまっていたからだ。

こんなふうに、うだうだ考えていたのだが、やっぱり基礎だよ基礎、と思って、今日、100球ショットをやった。「入れる」ということはもちろんのこと、球の入り方にも気をつけた。入るならば、その精度をより高いものに上げていけばいい。絶対にトばさないレベルにまで押し上げることもできる。とにかく、どんな状況でも真っ直ぐにキューが出せれば、キューが出ないなど、調子の悪い状況でも入れられることができるだろう。結局、何がいいたいのかといえば、どんなに入るようになろうが、キューが真っ直ぐ出るようになろうが、100球ショットを続けよう! と決意したのだ。これまでの成果をみれば、100球ショットは必ず上達する練習方法だ。それはきっと、どんなに高いレベルになったとしても、同じだと考えるのだ。

さて、100球ショットを久々にやってみて、気が付いたことがある。手球を真っ直ぐに出そうとしていたのだ。もちろん、キューが真っ直ぐに出れば手球は真っ直ぐに進むわけだが、それよりも、キューを真っ直ぐに出そうと思ったほうが入れが安定するしストロークも美しくなる。当たり前のことだけど、この意識の違いというのは大きい。キューに意識を向けたほうが、キューの重みや重心などを感じ取ることができるので、例えば立てキューなどフォームが少し変わってきたとしても、うまく対応できるのだ。やっぱり100球ショットは偉大だ! なんて感動してしまった。きっと細かい部分で、こうした修正箇所は出てくるだろう。より細かい点に注意して、より精度を上げて、より美しいストロークでセンターショットをしていこうと思う。

|

« キューが出ない | トップページ | あっという間 »

コメント

アライさん、こんにちは。
何を練習したら上手くなるのか?永遠のテーマですよね。僕も今のままで本当にA級になれるのだろうか?と真剣に考える事は良く有ります。そんな時は昔よりも上手くなっているさ。と自分を励ましています。センターショットですが、僕も一番の練習方法だと感じています。ただ単にイレの練習にもなるし、アライさんの言うとおりストロークやキュー出しに意識を持っていくなどレベルによって色々な事を練習できる有意義な練習だと思います。上級者が必ずと言っていいほど為になる練習だと言うのにはやはり訳が有るわけですよね。

投稿: 卓也 | 2005/05/21 11:38

練習方法も、人によって合う/合わないがありそうですからね。難しいところです。でも、センターショットはやっぱりお勧めです。例えば、真っ直ぐの配置だけど手球を右に走らせる(穴フリを使う)なんて思ったら、それはものすごく難しいものになります。考え方ひとつで、自分のレベルに合った練習メニューができると思っています。

投稿: アライ | 2005/05/23 13:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/4208570

この記事へのトラックバック一覧です: とにもかくにも:

« キューが出ない | トップページ | あっという間 »