« フォームチェック | トップページ | 結局は自信 »

2005/05/31

フリがなければ押しでポジション

自宅で素振りをするようになってから、いい感じでキューが真っ直ぐ出ているような気がする。ズレることがほとんどない。時々、コジってしまうことがあるのだが、それはバックストローク時に狙いを修正するなど余計なことを考えてしまうと発生するようだ。また、手球を進めないようにしようと考えると、キューを出さないで止めてしまうことがある。そうすると、厚みに手球を置きにいく感じになってしまい、トばしてしまう。キューが出ない=手球が進まない、のだと思ってしまうのだ。これは、キューを出せるポジショニングをするとうまくいく。最近は、キューが出ない広い場所へのポジションよりも、キューが出る狭い場所へのポジションを選択するようになった。

今日は、週末に出かけていたため、4日ぶりの練習となった。それでも、思った以上にキューは真っ直ぐに出ているし、入れ、出し、ともにいい感じで撞けていた。ちょっと気分的にリフレッシュしたこともあり、新鮮な気持ちだったのがよかったのかも。球を撞くことを、楽しめたように思う。そんな中、いつものように散らした球を取り切る練習をしていたのだが、長クッション際の球を入れて、手前の短クッション際の球にポジションするという嫌らしい配置に出くわした。しかも、もう少しフリを付けたかったのに、ややフリ状態になってしまった(下図)。順の引きヒネリでポジションしようと思ったのだが、手球は横に弾かれずに、うまくポジションできなかったのだ(下図:黒線)。この配置は、押しの逆ヒネリで、いったん向こうの短クッションに入れてからポジションするとうまくいく(下図:青線)。しかも、押しの逆ヒネリのほうが、入れが安定するのだ。もちろん、的球へのフリ加減で、引くのか押すのかの選択は違ってくるとは思うのだが、押しの逆ヒネリのほうが入れが安定するので、ハードなショットが可能。無茶したポジショニングは、こちらのほうが確実性が増すということだ。

050531

|

« フォームチェック | トップページ | 結局は自信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/4358392

この記事へのトラックバック一覧です: フリがなければ押しでポジション:

« フォームチェック | トップページ | 結局は自信 »