« 「なんビリ」が本に | トップページ | 感覚で入れる!? »

2005/06/17

力を抜いて

フォロースルー時に手首をこねてしまうと記載したが、それを直すべく、いまはキューがスッと出るように意識している。手首をこねてしまうということ自体がそうなのだが、どうも、余計なところに力が入っていたのが最近の不調の原因のようだ。リラックスして力を抜き、ヒジを支点にしてキューを出すと、真っ直ぐにキレイにキューが出る。よく「ヒジで撞く」という言葉があるが、まさにこのことなのかもしれない。右腕はまったく力が入っておらず、ヒジを曲げる間接の力だけでキューを出す。すると、キレイに真っ直ぐにキューが出て、入れが安定するし、なによりもキレが格段にアップする。特に引き球などは、いいスピンが出る。ロングドローを撞くとき、どうしても力が入ってしまって、それによってキレが悪くなるのだが、ヒジにだけ意識を向けると、ストンとキューが出て手球もキュルキュル戻ってくる。こうしたストロークが、常にできるようになれば、もっと楽に取り切れるような気がする。

ただ、ヒネリを加えるときに、この撞き方だとキュー先でトンと手球を弾くようなヒネリになってしまう。ギューッと押し込むようにキューを入れて、ヒネリを強く乗せるような切り返しがうまくいかない。力を抜きつつ、キューを長く出すようにしなくてはいけないのだが、難しい。練習の必要ありだ。そうそう、今日も「わんこしょっと」に挑戦した。記録は23個。惜しくも記録更新はならなかったが、やっぱりこの練習は面白いし、タメになる。今度は、ポジションをミスした際に、そのまますぐに撞かず、ワンテンポ置いてリズムを変えてから撞くように心がけてみよう。

|

« 「なんビリ」が本に | トップページ | 感覚で入れる!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/4594204

この記事へのトラックバック一覧です: 力を抜いて:

« 「なんビリ」が本に | トップページ | 感覚で入れる!? »