« 力を抜いて | トップページ | 銀狐(Silver Fox) »

2005/06/21

感覚で入れる!?

右腕の力を抜いて、ヒジで撞くようになってから、なかなか球の動きがいい。とはいえ、それでもトばす球はあるわけで、特に簡単な配置なのにトばしてしまった球を徹底的に練習するというのがいまの状態だ。そんな中、気が付いた。トばしてしまう簡単な配置の球というのは、「入る/入らない」という感覚がないのだ。いや、ちょっと違うかも。「入る」という感覚はあるのだけれど、それが実際にポケットされている配置と比較した場合、ぼやけているといった感じだ。

その感覚は、トばしてしまった球を練習すると養われると思っていたが、それがこれまでの方法ではダメなのでは? と気が付いた。いままでは、その配置を作ったら、じっくりと狙って構えて・・・というように練習していた。が、それよりも、パッと構えてそのまま撞く方法のほうが、感覚が身に付きやすい。「狙わない」というと表現として間違っているかもしれないが、意識としては狙っていない。球を見て、サッと構えてそのまま撞く。もちろん、トばすことは多いが、それでもいいのだ。トばしてしまうという感覚が身に付く。要は、構えた瞬間に「入る/入らない」と感じられるように体に染み込ますという感じ。今日は中でも、「への字」を練習した(下図)。押しの場合はいいのだが、やや引きを入れてポケットしようとすると、薄めにトばす傾向がある。実はこの傾向は以前からわかっていて、気持ち厚く狙うことがあるのだが、そうするとなぜだか厚めにトばしてしまう・・・。そんなわけで、この配置を作って、ポンポン撞いて感覚を身につける練習。繰り返していると、なぜか入るようになる。地道に狙っていたこれまではなんだったんだ? とちょっと思ってしまうが、きっと身に付いていた感覚が、どんどんと研ぎすまされているのだろう。

050621

|

« 力を抜いて | トップページ | 銀狐(Silver Fox) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/4653122

この記事へのトラックバック一覧です: 感覚で入れる!?:

« 力を抜いて | トップページ | 銀狐(Silver Fox) »