« タップ新調 | トップページ | 入れ→出し »

2005/06/09

いろいろなポジショニング

タップを新調してから、入れが安定しだした。というよりも、無理な入れをなくそうとしているので、そうした意識が生み出しているもので、タップとは関係ないのかもしれない。とはいえ、撞いていて気分はいいし、この調子を持続したい。

さて、散らした球を取り切る練習の際、ミスした部分をもっとよく考えようと思った。なんでトばしてしまったのか? なんで手球のラインがイメージと違ったのか? そうしたことを、もっと突き詰めるべきだと思うのだ。また、手球を次の球にポジションさせるには、いくつかの方法がある。基本は順フリにするとうまくポジショニングできるわけだが、そのフリ加減は配置によって異なるし、逆フリのほうがポジションしやすい場面もある。また、得意/不得意なんかも関係すると思う。例えば、コーナー付近の球を入れて、サイドポケット付近の球にポジションする場合、僕は逆フリのほうが細かくポジショニングできる(下図)。順フリだと、どうも手球がクッションから戻ってくるラインが読めなくて、スクラッチしてしまったり、次の球に逆フリになってしまったり・・・(下図:黒線)。それが逆フリだと、結構、イメージ通りに手球を走らせることができる(下図:青線)。特に、邪魔な球があったりして、デリケートなポジショニングが必要になったりすると、この辺の細かい違いが大きく現れてくるだろう。このように、ポジショニングにはさまざまなパターンがあるわけで、そうしたパターンをもっと多くマスターしていこうと思っている。だから実は、先に挙げた配置は、不得意な順フリのものも練習しなくてはいけないだろう。パターンを知って、練習して自分のものにしていくことが大事なのだ。

050609

|

« タップ新調 | トップページ | 入れ→出し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/4483898

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろなポジショニング:

« タップ新調 | トップページ | 入れ→出し »