« 試合のつもりで撞く | トップページ | 揺れたよ »

2005/08/13

引きで殺しと押しで弱め

クラウドのフリータイムに行ったのだが、まず、並木Pが来ていて驚いた。そういえば、クラウドの西川口店が今度オープンするのだが、その専属プロとして招かれているようだ。並木Pのプレーは好きなので、ちょっと見てみたいなぁ・・・と思っていたのだが、撮影以外で球を撞くことはなく帰ってしまった。残念。いつか相撞きしてもらいたいなぁ。

その後、HTさんと相撞き。なかなか調子がよくて、久々にマスワリが出た。今日は全体的にいい感じだったように思う。特に簡単な配置をトばすことが少なかったかも。難しい球を無理矢理入れるよりも、簡単な球を確実に入れていったほうがなんか気分も乗ってくる。続いてF田さんと相撞きしたのだが、まぁまぁの調子はずっと持続させることができた。ただ、ここぞという部分でのミスが何度かあった。ハイボールなどでのミスは負けに直結するので、もっと確実に取り切らなくてはいけない。序盤は勢いで球を入れて、そのまま入れ続けることはできるけれど、ハイボールになったらいったんプレーを休めて、取り切りまでの流れを考えなくてはいけないと思う。例えば、7番から8番への出しで、引きで殺し気味にするか、押しで弱く撞くか迷ってしまった配置があった(下図)。結局、引きで殺そうと思ったのだが、クッション際の球は引きを入れると横に走りすぎてしまうことがある。もう少し的球がクッションから浮いているといいのだけれど、やや浮きくらいだと、思った以上にスッと横に手球が転がっていく。これを忘れていた。8番へは順フリになったけれど、やや距離ができてしまい、無理に引こうと思ってトばしてしまったのだ。この配置の場合は、押しで弱めに撞いて、8番に近い場所で手球を止めるべきだった。たとえ逆フリになっても、真っ直ぐになっても、ある程度距離が近ければ、いくらでもさばくことができたのだ。こうしたちょっとした選択ミスで、とたんに厳しくなってしまうからビリヤードは難しい。

050813

|

« 試合のつもりで撞く | トップページ | 揺れたよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/5451025

この記事へのトラックバック一覧です: 引きで殺しと押しで弱め:

« 試合のつもりで撞く | トップページ | 揺れたよ »