« ヒジで狙う | トップページ | 乾いたショット »

2005/08/08

2往復半

土曜日はハチミギのG1だった。結果から報告すると、2連勝のあと2連敗で予選敗退。またまたまたくらい、さくらさんと対戦した。前回よりはいい球を撞けていたと思うのだが、さくらさんはほとんどミスらしいミスをせず、こりゃぁ勝てないなという状態。ただ、ハッキリ言ってはじまる前から勝てる気はしていない。きっとそう思っている間は、ずっと勝てないんだろうなぁと思う。「勝てるかも」と思えるくらいの自信が備わるのは、いつのことになるのだろうか?

さて、実はG1が始まる前にMCさんが、ヘッド/フットスポットから手球を一番ハードに撞いて、どれくらい転がせるかという話をした。これ、2往復半するくらいのレベルにならないと、ビリヤードは上達しないらしい(下図)。戻ってきたら1往復。短ー短で5クッションさせればいいとういことだ。やってみたら、2往復とちょっと。4クッションしかできない。やっぱり上達しないレベルなのだ。ただ、少しも2往復半できる気配がなかったので、この情報はウソではないか? という疑問があった。で、周りに聞いてみたのだが、MCさん以外にもできたという人がいた。本当だった。力ではなく、きちんと手球の中心を真っ直ぐに撞けることが大事とのこと。きっとできない間は、手球にうまく力を伝えきれていないのだ。20回くらい挑戦したら、ヒジが壊れそうになった。まだまだってことなんだなぁ・・・。

050808

※画像アップするの忘れてました・・・疲れてるなぁ・・・。ちなみにわかりやすいようにズラしていますが、手球は長クッションに平行に真っ直ぐ走ったほうがいいです。

|

« ヒジで狙う | トップページ | 乾いたショット »

コメント

2往復半・・・、やってみました。実に難しいですね。一度だけ残り球1個まで行きましたが、フルショットって訳でもないんですよね。上手く力を伝えた時ってのはショット時の感触が違いまが、その時は良い感触でした。しかし、難しいです。一度だけブレイクと同じ力でフルショットしてみたら、短クッションに当たった手玉がジャンプして戻ってきて肩に直撃しました(笑)危険なので辞めた方が良いですね。

投稿: 卓也 | 2005/08/12 09:19

おお! 惜しいですね。
僕はいまのところ、2往復とセンター付近。だから、2往復と4分の1というのが最高です。そういえば、そのときも力任せではなくて、キューがキレイに手球を捉えたときだったような・・・。

きっと手球の中心をきちんと真っ直ぐに撞ければいくのかもしれないですね。頑張ってみます。もちろん、ブレイクのつもりのフルショットをしないように気をつけます(よかった、やろうと思っていました・・・)。

投稿: アライ | 2005/08/12 21:45

はじめまして。・・・かな?
バンキングの練習に飽きて、2往復半に挑戦したところ3回目に成功しました。初めのクッションから返ってくるときに、1ポイント分くらいジャンプしたのは、撞いたときにやや浮いていたんでしょうか。ジャンプが発生しないような撞き方で2往復半できないとニセモノかも知れませんね。

投稿: おき | 2005/08/13 15:49

はじめまして・・・だったように思います。
よろしくです!

どうもある程度ジャンプするみたいです。だから、きっとそれは成功です。すごいです。僕は・・・今日はできそうにないから挑戦しませんでした。今度こそ2往復半の成功を報告できるよう、気合いを入れて挑戦しようと思います。

投稿: アライ | 2005/08/13 20:05

アライさん、こんにちは。
お店を変えて挑戦してみた所僕にも出来ました。ラシャよりもクッションが良い?店の方が良いのかも?当然力は入りますが、思いっきりではなくて出来たので嬉しかったです。

投稿: 卓也 | 2005/08/14 11:15

ども、ごぶさたです。二往復半、面白そうですね。早速やってみます。3Cの台なら簡単ですが(笑)

投稿: Danny | 2005/08/16 01:29

クッションのいい台ですね。探してみます。
僕もまずは3Cの台で挑戦しようかなぁ・・・。

一番転がる人は、2往復半と何ポイントくらい手球が進むのだろうか? という疑問が出てきました。さすがに3往復はできないですよね。

投稿: アライ | 2005/08/16 16:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/5367025

この記事へのトラックバック一覧です: 2往復半:

« ヒジで狙う | トップページ | 乾いたショット »