« 基本のフォームが大事 | トップページ | 撞点は中心近く »

2005/10/05

バックストロークで止めない

そういえば、ブレイクがかなりよくなった。これまでよりも、だいぶブリッジの位置を遠目にして、キューの先で手球の中心を捉えるように意識してストロークするといいようだ。問題は、タイミングだったのだが、いつもどうしても体が先に前に行ってしまうような感じだった。以前、ハチミギでも、スギケンさんに「アライさんはブレイクのとき体とキューが一緒に横に向かっている」という指摘を受けた。それによって、前に出ようとするキューの勢いを、体全体で止めてしまっているように見えるのだとか。なるほど。体重を乗せてとか、キューを前にというイメージばかりが先行してしまっているのかも。そんなわけで、体をグッと止めてバックストロークして、我慢してキューだけ出すようにストロークするとうまく体重が乗せられる。が、実はこれが難しい。

これまで、ヒネさんのブレイクのマネをして、キューを引いたらいったん止めて、そこからブレイクしていた。それを、通常のショットに近い感覚で、スッと引いてすぐにドンとキューを出すようにした。すると、まずキューから出るためキューが出る力で体が前に行き、すごくタイミングが合いやすくなる。ただ単に手球の中心を真っ直ぐ突き抜くような意識で、キューを出すだけでいい。すると勝手に体が付いてきて体重が乗る。手球も1番に当たってピタッと止まることが多い。でも、これが何度も何度も続けてできないところがブレイクの難しいところ。しかも、そのできない理由がわからない。少しうまくいったからって力が入ってしまったり、撞点が微妙にズレていたり、そうしたちょっとした違いで大きく狂ってきてしまう。真っ直ぐをしっかりと意識しながら、きちんとフォームが出来上がるまでブレイク練習を慎重に続けていこうと思う。

|

« 基本のフォームが大事 | トップページ | 撞点は中心近く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/6265546

この記事へのトラックバック一覧です: バックストロークで止めない:

« 基本のフォームが大事 | トップページ | 撞点は中心近く »