« リハビリかな | トップページ | キューを出すということ »

2005/10/01

サイド、サイド、サイド・・・

連覇がかかったハチミギのG1、あとひとつで予選突破というところで敗退。ゲストがたくさんで、人数多かった・・・。前回優勝のハンデがあったので6セット先取となり、とにかく疲れた・・・。と、負けた理由ばかりいつもの調子で書き込んでしまうわけだが、とにかく、スクラッチが多かった。しかも、ハイボールでの手球スクラッチ。無理に難しい球を入れて、それは入ったけれど手球も入るというパターン。入れることは大事だが、その後の手球の予測(難しいなぁ)もしなくてはいけない。それができないのなら、守りに入るとか、「入れ」だけで勝負しないさじ加減をきちんとしないと試合では勝てないのだろう。とはいえ、まだまだ僕くらいの実力なら、「入れられる」という場面は勝負にいっていいような気もする。

さて、このスクラッチもそうだが、頭から離れないのはサイドポケット絡みの配置。特に3回戦目のMCさんとの対戦は、自滅したとさえいえるようなものだった。3セット連取して流れに乗ったが、そこで自分で流れを止めてしまった。その一発目が手球スクラッチ(下図)。8番に逆フリなってしまった7番。手球を走らせようとしたのだが、どうにもこうにも嫌な場所でコースを邪魔する9番。9番の裏を通す手球のコントロールは危険なにおいがしたので、やや引きを入れてコーナーポケット付近でクッションさせて出すことに。イメージでは、サイドポケットの右側まで手球が転がる予定だったのだが(図で)、結果はスクラッチ。ここは、軽く逆ヒネリをかけて、クッションから立たせるイメージで撞いたほうが安全だったかも。

051001_01

その後も何度か流れを取り戻すチャンスはあった。特に、キューがスムーズに出てきて、イメージ通りに手球を運んで取り切っている最中などは、ここですべて取り切れば行ける! とさえ思えるような場面になる。で、そうした場面がやってきたのだが、同じく7番をサイドポケットに入れてからの出しでミスをしてしまったのだ(下図)。6番からの引きが効きすぎたこともあるが、あまりにもピッタリと7番に出しすぎた。ものすごく正確にストロークできていた。だからこそ、続く球もきちんとポジションさせたかった・・・。またまた邪魔しているのは9番。そしてこの場合、7番に厚めすぎているために、横に走らせることが難しい。もう少し薄かったら、ただの押しのワンクッションでポジションできるだろうし、直引きで手前のコーナー付近を狙ってもいい。厚いために困ってしまったわけだ。で、結局、何を思ったのか、真横に弾いて走らせてしまった。これなら確実に8番を狙えるコースを手球が走るし、7番の入れも完璧だ。でも、8番に薄くなりすぎる。9番にポジションさせるには、8番から手球を大きく回す必要があるため、やや強めのショットが要求される。案の定、8番でトばしてしまった。なぜ、真横に走らせるポジショニングをしてしまったのか? まったく疑問だ。押しでやや順ヒネリを入れて、左側に走らせたほうがよかったなぁ(下図:青線)。

051001_02

最後のサイドネタは、出しではなくて入れミス。最悪。敗者側でJこさんと対戦。その第1セットめ。かなり厳しいセーフティーを何度も決められて、見えない的球に手球を当てるのが精一杯の状態が続いた。それでもなんとか腐らずに頑張っていた。そして、とうとう、このセットで始めて入れられると思える球が回ってきた。それが8番だ(下図)。かなり嫌らしい配置ではあるけれど、普通なら決めるだろうなぁ。それが、これまでの厳しさとかサイドへの不信感(?)が重なったりして、キューが出なかった。引きでクッションに入れた手球が1ポイントちょいくらいしか戻ってこなかった。イメージではセンター付近まで手球を持ってくる予定だったのに、まったく距離が足りなかった。それだけキューが出ていなかったのだろう。で、8番はサイドポケットに入ることなく、イージーな位置に残ってしまう。結局その後、まったくリズムに乗れずにスコ負けしてしまった。最も悔やまれる1球だ。それまでのことを意識してしまうとは、精神的にまだまだ弱いな。ここぞというときに「入れる」という強気の姿勢が、なんで出せないのだろうか。キューを出すって、当たり前の動作なんだけど、一番難しい。

051001_03

|

« リハビリかな | トップページ | キューを出すということ »

コメント

練習のときはキュー切れを意識できるのに、試合になるとちびり撞き、キューを出そうとするとガツン撞き、を繰り返してしまう。分かってはいるんですけどね・・・ この壁ってどうやったら乗り越えられるのでしょうか。試合に強い人になる練習方法なんて無いもんでしょうかね。高レートジャパン?

投稿: ちびりーた | 2005/10/08 14:34

僕は緊張とかそういったものよりも、自信を持って撞けるかどうかだと思っています。入れるだけなら自信があるので、キューは出ているように感じます。が、ポジションが加わると、そこに球を置きにいってしまうのです。ポジションにも自信があれば、キューもきっと出るように思います。

投稿: アライ | 2005/10/08 18:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/6234005

この記事へのトラックバック一覧です: サイド、サイド、サイド・・・:

« リハビリかな | トップページ | キューを出すということ »