« 握り込むときの小指 | トップページ | 崩れ続けてはダメ »

2005/10/31

球を隠しても

まずは新フォームについて。このフォームは、手球に力を伝えやすいので、あまりフリがない球などで手球を走らせるのが簡単だ。でも、というかいつものことなのだが、新しいフォームにして力を入れてショットをすると、どうも弾き気味になってしまうことが多い。これはかなり気をつけないとダメだなぁ。キューを長く出すようにするとうまくいく。このフォームは、前回書いたように、握り込み加減によって強弱を変えられる。とはいえ、撞く瞬間にグッと握る感じでは、弾き撞きのようになってしまい、手球にブレが生じてしまうようだ。ギューッと握ってキューを押し出すように撞くと、手球に力が乗りつつ安定する。ゆったりと柔らかく、大きなストロークのまま、手球を走らせられればそれでいい。そういうフォームにしていきたい。

さて、最近ちょっと思うことがある。それは、セーフティーについてだ。僕は基本的に攻める。厚みがあれば入れに行く。でもそれは実のところ、セーフティーに行く自信があまりないのだ。手球を隠すよりも、きっと入れにいったほうが確率が高い、と感じることのほうが多い。でも、時には入れが無理だったり、手球を隠すのが簡単だったりしてセーフティーを試みることもある。そしてうまく行って手球が隠れることもある。ところが、中、上級者以上だと、ワンクッションで当てられるコースがあれば、ほとんど当ててしまう。しかも、当て方を考えてだいたいの残り球も予測していたりする。これは自分にも当てはまる。僕も、ワンクッションで当てられる場所に的球があれば、ほぼ当てられるだろうし、的球の右側/左側といったコントロールも半分くらいの確率でできるのではないか? と思う。そう、いくら手球を隠しても、隠すだけだとそんなに強烈なセーフティーにはならないのだ。この辺からは、当たったあとの手球と的球の残り方が問題になるわけで、ともすれば流れが大きな要因としてかかわってくる。この流れに乗れるかどうかで勝敗が決まってしまう。いかん。これまでは漠然と手球を隠せばいい、なんてセーフティーをすることがあったが、その程度の精度では使い物にならないのだ。セーフティーを考える場合、僕は手球を重要視する。手球のコントロールだけを考えるのだ。が、やっぱり的球の動きもある程度コントロールして、どちらも厳しい位置に持って行かなくてはいけない。これはあまりにも高等技術なので、どうにもこうにも難しいだろうが、とりあえずは簡単な配置でセーフティー練習してみようかな。なんか飽きそうだけど・・・。

|

« 握り込むときの小指 | トップページ | 崩れ続けてはダメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/6791135

この記事へのトラックバック一覧です: 球を隠しても:

« 握り込むときの小指 | トップページ | 崩れ続けてはダメ »