« フォーム改造へ | トップページ | バックストロークの違い »

2005/10/26

キューの出はスムーズだが

いろいろと忙しいこともあり、土曜日にフォーム改造を決意してから初の球撞きとなった。やっぱり、どうもタイミングが合わない。ブリッジを組んだ状態でヒジから下の力を抜き、ヒジから垂直に腕が降りるようにする。その位置でグリップを握るといいようだ。ただ、これまでとまったく異なるタイミングでタップが手球に当たるため、そのままキューを真っ直ぐ出すのが難しい。例えば、普通のセンターショットなど、力をあまり入れないストンとキューを出す場合はそれほどコジることはないのだが、やや力が入ってしまうと明後日の方向に手球が向かってしまうことがある。とはいえ、あまり力を入れなくても、手球を進めるショットがやりやすいので、「力を入れない」という意識を持ってプレーするといいのかも。

とにかく、簡単な球はとても入れやすい。が、難しい球は全然入らないという状態だ。まぁ、これはこれでいいのかも、とも思えてくる。手球がうまくコントロールできたときは、きちんと取り切れるわけで、今日もマスワリが2発出た。そのうちの2回目のマスワリの3番から4番への出しなどは、まさにこのフォームの真骨頂と言えるかもしれない(下図)。いつもならかなり弾き気味に撞いて3番をトばしてしまいがちな配置。それを、キューをスッと出してヒネリをうまく乗せて手球を走らせることができた。こうした球が、今回取り組んでいるフォームはすごくやりやすい。だから、手球クッションタッチなど、難しい配置に手球を持って行かなければいいということだ。まだ実感としてイマイチなんだけれど、マスターすると、ひと味違った球が撞けるようになる気はする。

051026

|

« フォーム改造へ | トップページ | バックストロークの違い »

コメント

こんばんは。アライさんの日記を見ていると、本当に昔の自分が書いているのではないかという錯覚を感じてしまいます。
今回の件についても、多分アライさんは3から4への出しの時に、押しと捻りが絶妙なバランスで混じりあってるような不思議な感覚を感じられたのではないでしょうか?
この感覚を実践できるようになると、以前切り返しの時に書いた「中心より少し斜め下」のイメージが沸くと思います。

投稿: jodan | 2005/10/28 18:07

言われてみればそうかもしれないです。感覚としては、「押し」でもないしかといって「ヒネリ」でもないという表現が近いかもしれないです。じゃぁなんだと言われると、押しヒネリなんですよね。

最近は、切り返しもかなりマスターしてきて、前できなかった配置は普通に実践でもできるようになってきました。この撞き方で切り返しはあまり試してないのですが、今度検証してみます。

また、アドバイス、よろしくお願いいたします!

投稿: アライ | 2005/10/28 20:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/6631561

この記事へのトラックバック一覧です: キューの出はスムーズだが:

« フォーム改造へ | トップページ | バックストロークの違い »