« 前で裁くイメージ | トップページ | 安堵しない »

2005/11/20

フォーレストに初参加

土曜日は、新宿で活動するビリヤードサークル「フォーレスト」の定例会に遊びに行った。以前、mixiで親交を深めて一緒に相撞きしたshuさんが代表を務めるサークルだ。時間ができたら顔を出してみたいと思っていたし、実は会社のビリヤード仲間のMを連れて行きたいという考えがあり、土曜日に参加したというわけだ。サークル全体を通して見た印象は、かなりアグレッシブ。どんどんどんどん球を撞く。空いている人がいれば「いいですか?」と相撞き。ホント、いろんな人と相撞きができて面白かったなぁ。ただ、いつもちんたら撞いている僕としては、疲れてしまう場面がちらほら。この熱気に負けないように、こちらも気合いを入れ直しながら撞いてはいたが、ところどころでみっともない球を見せてしまったかなぁ・・・。また、これはフォーレストだからというわけではないのだが、なんでビリヤードをやっている人たちは、あんなに楽しそうに球を撞くのだろうと感心してしまった。いつまでも、疲れることなく球を撞いている。すごい。そして、人のプレーをよく見ている。これはすごく重要だと思うし、上達するうえで必要なことだと思う。

場所はサムタイムだったのだが、室内の照明が暗いのと、テーブルスペースが狭いというのがちょっとやりにくかった。テーブルスペースというか、テーブルの間隔については、隣のテーブルがというわけではなく、短クッション側で飲み物などを置くテーブルが邪魔になるのが気になったのだ。もう少し足の位置を後ろにしたいというショットがいくつかあった。この微妙に窮屈というのは、結構撞きにくいものだったりする。そして、やっぱり今回も苦しんだテーブルコンディション。どうもクッションからの球の伸びがイメージよりも短くなってしまうことがある(下図)。クッションから走らせる球、そして切り返しなど、軒並み短くなってポジションミス。まぁ、それを頭に入れてプレーすればいいのだけれど、それが難しくてできない。プレー中に忘れてしまって短くなって・・・の繰り返し。この辺の柔軟な対応力は、おいおい身に付けて行かなくてはいけない課題だろう。

051120

ハチミギとフォーレストの活動日が同じであるため、あまりフォーレストのほうに顔を出すことはできないのだが、また今度時間があったら遊びに行こう。まだ一緒に撞いていない人もいるし。そういえば、このブログを読んでくれている人もちらほらいたりしてかなり恐縮。このブログからだと、ものすごくストイックで頑張っていて硬派だと思われるかもしれないが、実際はまったく逆。でも、一応頑張ってますよ。という感じで、そうして声をかけていただいた人たちとも、一緒に撞きたいと思っているわけだ。

|

« 前で裁くイメージ | トップページ | 安堵しない »

コメント

どーも。
関東のサークルにはあこがれますね。やっぱビリ人口の差ですかね。。私も「フォーレスト」は以前よりHPで知っていたので、mixiやった時にshuさんがいてびっくり!思わずメッセージ送ってしまいました。。
もちろんアライさんも居るなんて…。
でもホントいいですね。何かの機会にそちらへ行く時はキュー持参しますんで、相撞きお願いしますね。

投稿: Jun×2 | 2005/11/24 16:28

ビリ人口って、やっぱり関東のほうが多いのですかね?
でも、プロは関西のほうが多かったりしますよね。

こちらはサークルがたくさんありますね。僕は近いからという理由でハチミギを選んだのですが、サークルに入ってからのほうがビリヤードに対する考え方とか取り組み方が変わって上達が早くなったような気がします。
東京に出向く際には、ぜひともお声をかけてください。
相撞きしましょう!

投稿: アライ | 2005/11/24 17:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/7231370

この記事へのトラックバック一覧です: フォーレストに初参加:

« 前で裁くイメージ | トップページ | 安堵しない »