« 球を隠しても | トップページ | 新宿サムタイムへ »

2005/11/04

崩れ続けてはダメ

昨日は祝日、というわけでクラウドのフリータイムに出かける。で、この日は全然球が入らず。いや、実際は入っているんだけど、時々まったく明後日の方向にトばすことがある。そして、球の入りよりも手球の動きがイメージとまったく異なってしまっていた。新フォームにしてから、どちらかといえばいい感じで撞けていたのだが、慣れてきたここにきてなんだか嫌な感じ。イメージがまったくつかめない。手足がバラバラになっていく感じで、フォームも何が正しいのかわからなくなってきている状況。特に四苦八苦したのは、強めの押しヒネリで走らせる球(下図)。見越しも合わないし、球の動きは撞くたびに違う。きっと撞点もヒネリの乗りも、その時々で違ってしまっているのだろう。これでは手球の動きをイメージすることはできないし、的球をポケットすることも難しい。撞けども撞けども入らない。弾かないように、キューを長く出してゆっくりと握り込むように心がけて入るのだが、どこで握り込むのかとか、どのくらいキューを出すといった、いつもは考えないようなことが気になってしまってどうにもこうにもダメだ。フォームを変えたら急に球が入らなくなるというのはよくあること。この辺で、いったん振り返ってきちんとフォームを確立しているのか確認してから進むといいのだろう。とりあえずは進歩している途中の「谷」だと思って、あまり考えないようにしよう。

051104

まぁ、このようにいつも調子がいいわけではないので、球をトばしてしまう日も多々ある。そういう日はしょうがないのだけれど、そこでのプレーが問題だと思うのだ。この日は、なんだか浮き足立っているような感じがあって、球をきちんと狙っていないような、早撞きになってしまっているような気がしていた。撞いたあと、すぐに手球の動きを目で追ってしまう。それがわかっていても、そのリズムというか感覚を変えることができずに、どんどんと悪い方向に進んでしまう。球をトばすから入れようとして、手球の動きは悪くなるし、難しい入れが続いて余計に入らなくなるし・・・。僕は、ビリヤードがうまい人というのは、この調子をうまくコントロールできる人だと思っている。悪いものをよくするのではなくて、悪くてもそれなりのプレーをするということ。そう、いつ見てもうまいと感じる人が、本当の上級者だと思っているのだ。例えば、僕も調子がよければ1時間に1回くらいはマスワリが出るだろうし、簡単な球ならほとんどトばさない。でも、その状態は自分の本当の実力ではないのだ。だからこそ、昨日の崩れ続ける自分を見ると、まだまだだなぁと思ってしまう。こういう崩れる日はかなり減ってきたのだが、それでももし崩れてしまったときにどうするか、ということも考えておかなくてはいけない。

|

« 球を隠しても | トップページ | 新宿サムタイムへ »

コメント

フォームの改造はたいへんなんですね。C級の今のうちに
正しいフォームに変えておいた方がいいのでしょうか?
センターショットの練習だけだと、ゲームでドテ近くの球の
フォームがメチャクチャになる今日この頃です。

ところで、画像の撞点で本当に良いのでしょうか。

投稿: おき | 2005/11/04 17:59

フォームって難しいですよね。
もちろん、最初から完璧なフォームがいいのですが、例えば撞いているうちに自分に合っているものが変わってきたりするものです。とりあえずは、基本的なフォームをマスターして、そこから自分流に変わって行くというのが一般的ではないでしょうか? 僕の周りでも、上級者でもフォームを改善している人を見かけます。

土手近くの球は、その球を別に練習したほうがいいと思います。キューの出方が通常とはちょっと違ったりして、いろいろと発見することも多いです。ちなみに僕の場合は、土手のロングだと、やや薄めにトばすことが多いので、わざと厚めに狙ったりもします。

あ、画像の指摘ありがとうございました! 撞点が真逆でしたね。現在のものは修正してあります。

投稿: アライ | 2005/11/04 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/6891594

この記事へのトラックバック一覧です: 崩れ続けてはダメ:

« 球を隠しても | トップページ | 新宿サムタイムへ »