« やっぱり | トップページ | フォーレストに初参加 »

2005/11/17

前で裁くイメージ

突然だが、球が入るようになった。遠目の球も結構入る。理由は、タップを新調したからだ。もちろん今回もエルクマスターなのだが、ちょっと固くなりすぎていた。いつもならとっくに変えてしまっているのだが、フォームを変えたこともあり、固いタップのシビアな撞点とかそういうもので練習したいと思っていたからだ。とはいえ、だからこれまで球が入らなかった、というのはただの言い訳だろう。きっといまの状態なら、固いタップでも入れられる。なぜこんなにも変わったのかと言えば、タップが柔らかくなったことにより、球をキューに乗せるイメージが作りやすくなったのだ。感覚としては、フォロースルー時の前で裁くイメージ。新フォームにしてから、バックストロークに意識が行き過ぎていた。手球にキューが振れる瞬間くらいの場所で、手球をコントロールしていたように思う。

また、バックストロークを短くしたというのも入れられるようになった理由のひとつだ。以前も記載したように、バックストロークはこれまでも短くして、フォロースルーを長く取るように心がけていた。ただ、それは通常のフォームで精一杯の状態だったのだ。いまは全体的にこのフォームというか、リズムで撞けるようになっている。遠目の球など、ちょっと手球を走らせようとか届かせようとか余計な意識が加わると、バックストロークを長く取ってしまうことがあり、入れが安定していなかったのだ。ほかには、ややキューを立てた状態のときとか、レールブリッジのときなど、通常のフォームと異なるフォームで撞く場合、バックストロークを長く取りすぎて安定しなかった。どんな状態のときでも、スッと短く引いて、ストンとキューを前に出すストロークを心がければいい。実はこれ、グリップの位置も大きくかかわってくる。新フォームでグリップ位置が変わってしまったために、こうした場面でのグリップ位置もイマイチ自分の中でつかめなかったようだ。

さて、最近、どうもよく失敗してしまうポジショニングを記載(下図)。短クッション際の球を入れて、手前の長クッションにある的球にポジションするとき、だいたい押しヒネリで手球を動かしてしまう(下図:黒線)。そして、向こうの長クッションから手球が立たずに、次の球に対してフリが厳しくなってしまうことが多くなるのだ。邪魔な球がある場合は別だが、何もないのなら、そのままやや引き気味にして、手球を真横方向に走らせたほうがいい(下図:青線)。押しヒネリのほうが、入れが安定するし、何よりも手球の力加減が楽なのだ。だから当たり前のように、こちらを選択してしまうが、真横に走らせるポジショニングも頭に入れてプレーしなくては。ちなみに、的球がクッションにタッチしていると話は変わってくる。押しのヒネリでも手球を立たせやすいので、結構うまくポジションできてしまう。要は、クッションから的球が浮いていると、その浮き加減で手球のコースが変わるので、読みにくいというわけだ。

051117

|

« やっぱり | トップページ | フォーレストに初参加 »

コメント

こんばんは~。
やっぱりタップを変えたりとかでかなり影響が有りますか?
まだまだそのレベルに達していない者にとっては感心するだけです。
自分のキューについてもよく知らないからなぁ。

投稿: ぜん~ | 2005/11/20 18:47

そうですね。だいぶ違います。
僕の場合は、キューに球を乗せるようにするとうまく撞けます。ですので、タップは柔らかめのほうが、かなり入れやキレもアップするように感じます。タップは結構すぐに締まって固くなってしまうので、だいたい1カ月ごとを目安に変えている感じです。

タップよりもキューの違いのほうが難しいと思います。キューに関しては、自分に適正のものがどういうものなのか、まだまだまったくわかっておりません。タップなんかはすぐに変更できるので、いろいろと試していると、その違いがわかってきますよ。

投稿: アライ | 2005/11/20 19:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/7168259

この記事へのトラックバック一覧です: 前で裁くイメージ:

« やっぱり | トップページ | フォーレストに初参加 »