« 予選敗退 | トップページ | いい球撞けたよ »

2005/11/08

小指での調節

とにかく、フォームを固めるために撞き続けなくてはいけない。で、この新フォーム、バックストロークが弧を描くようになるためこれまでのフォームと大きく違う。そこがどうもしっくり来ない。特に、ハードショットになると、タイミングが合わなくなるしコジリが出てきてしまうのだ。そんなとき、小指をグリップに添えていないことを発見した。以前の「握り込むときの小指」の記事にあるように、新フォームでは、小指を添えたほうがバックストロークがうまく引ける。それを忘れて撞いていたら、球が入らないに決まっている。ここ最近の不調の原因はここにあるのかな? なんて楽観的に考えてみたりもする。

さて、なぜ小指を添えたほうがいいかと言えば、それは何度も繰り返すが弧を描くから。これまでテーブルとできるだけ平行にキューを引くバックストロークだった。この場合、小指を添えないでその部分でキュー尻を下げて平行を調節したほうがやりやすい。でも、今回こうしてしまうと、タイミングが合わないし、うまくキューが出てこないのだ。そこで小指を添えると、その小指でキュー尻を持ち上げることになる、うまく弧を描いたバックストロークになる。言葉で表すとちょっと難しいのだが、小指を添えたほうが、振り子運動がしやすくなるというわけだ。この辺の、小指での微妙な調節が、このフォームは合っているようだ。ソフト/ハードショットとその力に合わせて、小指の握り込む力を変えていく。もちろん、こんなに単純なものではないのだが、感覚的に「小指で狙う」と考えるとポケットしやすい。

とはいっても、やっぱり簡単な球をトばすことが多い。どちらかといえば、フリが厳しいほうがポケットできるかも。要はポジショニングにもかかわる部分なのだが、ややフリの球からうまく手球をコントロールしようと考えるとトばすのだ。入れに関して問題がないと思い込んでいて、しっかりと最後まで手球を運んでいないのかも。「あ」と思ったときにトばしているパターンなのだ。もしかしたら、最近は球を入れる自信があまりないので、そうした気持ちも影響しているのかもしれない。自信を持って、球が撞けるようになりたいなぁ。

|

« 予選敗退 | トップページ | いい球撞けたよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/6977431

この記事へのトラックバック一覧です: 小指での調節:

« 予選敗退 | トップページ | いい球撞けたよ »