« いい球撞けたな | トップページ | 殺し癖 »

2005/12/13

強く真っ直ぐ

今日は、なんとなく思いっきりセンターショットをやった。これだけセンターショットを撞いたのは久々かも。最近は、取り切り練習なんかを中心にしているのだが、センターショットがむちゃくちゃやりたくなってしまったのだ。しかも、強めに撞くやつ。ズバン、ズバンと撞くのだが、どうもうまくポケットできない。穴でガコガコっとなるパターンが多い。このハードに撞くセンターショットは、やっぱり難しい。ロングドローと同じくらい難しい。ハードだからといって、手球を弾くのではなくて、キューを長く出して重みで強くなるイメージ。これが難しい。そして、キューを出そうという意識がバックストロークに向かってしまうと、コジリが生まれてしまう。バックストロークは真っ直ぐキューを出すということをイメージしながら、意識は前に持っていく感じ。言葉で言っていても難しい。

なんか撞きすぎて疲れた。でも、例えば筋トレとかと同じで、きつくやれば普通のショットが楽になるかも。どうなんだろう? ビリヤードにも筋力は必要だと思う。センターショットで強めのものをやっていれば、筋肉が付いてくるだろう。キューを真っ直ぐに出す、そして体をブラさない筋肉。それはきっと通常のショットを簡単にしてくれると思うわけだ。ただし筋肉だから、強めのセンターショットをやらないとヘタレてしまう・・・。球数は減らしても、この強めのショットを撞くというのは必要かもしれないな。なんだか体育会系になってきた。

|

« いい球撞けたな | トップページ | 殺し癖 »

コメント

「体をブラさない筋肉」・・・そうですね。
ショットの瞬間に体が動く私には体をブラさない筋肉(動きをセーブする方の筋肉)が必要だなーと納得です。

投稿: けりぃ | 2005/12/14 15:51

ムキムキというわけではないですが、ビリヤードは腹筋と背筋をすごく使うような気がします。キューのスピードは、筋肉よりもタイミングとか関節の動きが大事なような・・・。体を動かさずに、ヒジから下だけでキューをスッと出す、と、言葉で書くと簡単ですが、体を動かさないというのは、ものすごく動かすのと同じくらい大変ですよね。

投稿: アライ | 2005/12/14 16:14

芯撞きでビシっと入れるときは, Cueを後ろ下の方に引く感じにするとコジリが少ないけどいまいちタイミングが掴みにくいですよね.
良いフォーム悪いフォームって言うけど, 差し当たり強く撞けないフォームはあんまり良くないのかなぁと思います.
僕は左肩をカナリ絞って入れるので, 肩が痛くなることがあります.
でもこうしないとコジらないで撞点キッチリ撞き分けられないっす.
CueSpeedが作り難い(初動の作り方が一定しない)の難だけど…
まぁグチグチいってねーでもっと撞けってことなんだろうなぁ

投稿: Sou | 2005/12/14 17:07

そうなんですよね。極論を言ってしまえば、撞けってことだと思います。
とはいえ、それぞれ体型や腕の長さなどが違うので、
個人個人に合ったフォームってあるのだと思うのです。
で、強く撞けるフォームが合っているフォームだと、
僕もそう思うことがあります。

投稿: アライ | 2005/12/14 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/7601895

この記事へのトラックバック一覧です: 強く真っ直ぐ:

« いい球撞けたな | トップページ | 殺し癖 »