« 出しミスに引きずられる | トップページ | 具体的な目標 »

2005/12/31

年末の凹み

やっぱり基本の練習は大事だと思うことが多く、センターショットはもちろんのこと、同じ配置を何度も撞くということもやっている。昨日は少し遠目のややフリの球を入れてポジショニングする練習(下図)。ゲームの中でもかなり出てくる頻度の高い配置だろう。真撞きと押しだけでいろいろと手球のコースを変えて試してみる。真撞きだと、ちょうどセンター付近を通過するイメージで手球が走る(下図:黒線)。力加減を変えることで、センター付近に止めたり、長クッション付近で止めたりと、なかなか面白い練習だ。ただ、長クッションからさらに手前の短クッションに戻したいと思っているのだが、それはかなりハードショットが必要で入れが安定しない。手前の短クッションに戻したいときは、押しを入れて直接持ってきたほうが、入れも出しも安定していた(下図:青線)。もちろん、この配置、左右両方のフリを練習したのだが、右と左で手球のコースが微妙に違う。撞点のズレとかあるのだろう。そうした違いも覚えて、今後に活かしていかなくては。

051230

フリータイム中、久々にF太さんがやってきたので相撞きすることに。かなり凹まされてしまった・・・。全然勝てない。別に僕の調子が悪いとか、ダメな球を撞いていたとかそういうわけではなかったように思う。F太さんのプレーが素晴らしかった。簡単な配置を回したら、ほとんど取り切られるし、ワンミスでゲームを落とすことが多かったのだ。ちょっとこれだけ「勝てない」と思ったのは今年初めてかも。今年もあとわずかだというのに・・・。まぁもちろん、昨日の流れは悪かったので、それも影響したのだろうが、F太さん、相当うまくなったなぁと感心。前から安定していたが、それがさらに磨きがかかった感じ。来年、この調子で撞かれていたら、きっとまったく勝てないぞ。こちらも気合いを入れて追いついて行かなくては・・・。

最後に、今年は特に、ビリヤードを通じて多くの方と知り合えた年だった。また、このブログのアクセス数も今年に入ってかなりアップした。もしかしたら、ビリヤード人口は増えているのかも? なんてうれしくなってしまう。というわけで、来年もよろしくお願いいたします。

|

« 出しミスに引きずられる | トップページ | 具体的な目標 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/7916983

この記事へのトラックバック一覧です: 年末の凹み:

« 出しミスに引きずられる | トップページ | 具体的な目標 »