« 具体的な目標 | トップページ | 引きとヒネリの関係 »

2006/01/03

ライン取り

クラウドのフリータイムに出かけたのだが、なんと、早瀬Pとセットマッチをやらせてもらってしまった。去年のジャパンオープンとか、目の前でプレーを見てまして、実際に一緒に撞けるというのは感動。6-5のセットマッチで勝負してもらった(もちろん僕が5)。結果は、6-3。ただ、この日はキューが真っ直ぐ出なくて困っていたのだが、それを修正しつつ集中したいい球が撞けていたように思う。3セットのうちの2つは、ローボールから取り切ったものだった。まぁ、僕のプレーなど本当はどうでもよくて、目に焼き付けたい早瀬Pの球。とにかくビックリしたのは、クッションの使い方がうまいという点。手球はきちんとラインに沿って動いている。また、クッションに入ってから伸びる球、止まる球というものの使い分けも素晴らしい。そして、クッションからの手球の出方が不思議なくらい確実だ。このクッションからの手球の出方は、ヒネリで調節しているのだと思うのだが、クッションから出た手球がスルスルっと目的の場所に走っていく。面白いくらいキレイに走る。僕はあまりヒネリを使わない(使えない)のだが、こうしたプレーを見ると、簡単な配置からより確実に手球をコントロールするためにヒネリを使うという練習もしたくなる。早瀬Pに聞いてみたところ、やはり目的のポイントを決めて、そこにヒネリで調節して出すという基礎練習がいいと答えが返ってきた(下図)。例えば、左に1タップひねったらサイドポケットから1ポイントの場所に手球が向かう・・・という練習だ。ヒネリの調節は、新たな練習メニューとして加えよう。

060103_01

実は、2回、撞いてもらった。で、2回目は時間がなかったこともあり5-4(もちろん僕が4)のセットマッチ。4連取されたところから3セット取ってヒルヒルに。途中は無理矢理入れつないで、なんとかヒルヒルまで持ってきたように思う。で、このセット。7番ブレイクインで、取り出しの穴がなかった1番がフロック気味にイン。だが、2番はものすごく難しい(下図)。セーフティーを考えたのだが、もし見えたらおしまいという状況、そして勢いはこちらにあるという判断から、2番をコーナーにバンク。それが見事決まって、あとの遠目の難しい配置もなんとか処理して、8番まで来た。マスワリで勝利、という文字が見えたところで、8番からの出しでチビってしまって、手球が完全にクッションタッチしてしまったのだ。普通のクッションタッチならば、まだなんとかなるのだが、調度キューを置くところにサイドポケットのゴムがあるという最悪の場所。この9番が穴前に残ってしまってセットマッチは終了した。この8番からの出しこそ、これから練習しなくてはいけないヒネリの調節だ。手球のラインをしっかりとサイドポケットから1ポイントの場所に取らなくてはいけない。今回のセットマッチでは、きちんとこのラインに乗せて手球をコントロールできたのだが、そのライン取りに自信が持てないためにチビってしまって手球の勢いが弱くなった。絶対にこのラインで出せるという自信があれば、手前の長クッションで手球を跳ねさせる余裕があったはずだ。う〜ん、悔しい。まぁでも、久々に具体的な課題がたくさん見つかったし、楽しい球が撞けてよかった。

060103_02

|

« 具体的な目標 | トップページ | 引きとヒネリの関係 »

コメント

いつも丁寧な図付きで楽しく読ませていただいてます&勉強させて貰ってます。
毎回思うのですが、技術云々もあるけど配置や場面に対する記憶力って凄いですよね。
こっちはただ撞くだけで一杯々々で・・・。
これからの課題にしたいとは思うのですが大変です。

投稿: ぜん~ | 2006/01/04 05:17

どちらかといえば、記憶に残っている場面を載せているというのが正しいのかもしれません。やっぱり、集中していたゲームなどの配置はよく覚えていますし、全然覚えていないものもあったりします。ただ球が並んでいる状態で覚えるよりも、手球の動き方などで覚えると覚えやすいと思います。

投稿: アライ | 2006/01/04 16:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/7983691

この記事へのトラックバック一覧です: ライン取り:

« 具体的な目標 | トップページ | 引きとヒネリの関係 »