« ロングドロー | トップページ | ゆっくり引いて・・・ »

2006/01/24

中心を探ったら

珍しく、夕方からクラウドへ。そして久々にOさんと相撞きし、その後、B級トーナメントなどで何度か対戦したTさんと相撞きした。クラウドでは、ハチミギメンバーと撞くことが多いのだが、ほかの人と撞くことで新たな発見というか得られるものがある。時々、平日のクラウドに足を運んで、いろいろな人と撞くのがいいのかも。そしてその中で、気がついたことなどを覚えていけばいいのだ。

Oさんとの相撞きは、まず、「Oさん強くなったなぁ」という印象が強い。A級になってからも、かなり練習したのだろう。すごく丁寧で安定している。特に、クッション際の球がうまいなぁと感じた。ゲーム中、長クッション際に球が集まった嫌な配置があった(下図)。7、8番を省略しているのだが、4から5番への出しがバタバタで、しかも9番が気になる位置にある。そして、5から6番もバタバタで、こちらは5番の入れが難しい。実はこの配置、同じような配置を僕がトばしてOさんに回ったもの。4番をトばしたら同じくらいのところに戻ってきて、手球も同じような場所に・・・というよくあるやつだ。この配置を目の前にして、僕は「嫌だなぁ」という気持ちのまま撞いてしまった。これではポケットできるわけがない。Oさんは、この配置を見事乗り切って取り切った。おそらく、この配置が嫌だと思ったのは同じだろう。ただきっと、嫌な気持ちを打ち消して撞いたのだと思う。Tさんとの相撞きでも、見習わなくてはいけないことを発見した。それは、素振り中にキュー先がきちっと撞点をとらえているのだ。Tさんの素振りは、キュー先が手球にくっつくのでは? というくらい近づく。それは撞点をちゃんと確認しているからなのだと思う。撞点のズレは、体が修正しようと思ってコジリを生むような気がする。だから最近、この撞点をずらさないように捉えようと心がけている。特に立てキューなどのときは、ズレがカーブを生む最悪の結果を招くこともあるのだ。

060124

さて、こっからがタイトルの話になるわけだが、この日、手球の中心を撞くということを練習した。芯撞きよりもわかりやすくということで、真上(マックス)の撞点を撞いてみる。するとやはり、やや右を撞いている。というわけで、思っているよりもやや左を撞いてやると中心になる。それを体に覚え込ませようと意識的にやや左を撞いてマックス押しのセンターショット。なんとなく手球の中心がわかってきた・・・と思ったら、なんと、的球の厚みがズレてしまうようになった。どうも薄くトばしてしまう。撞点を変えたことにより、きっと景色が変わるのだろう。どうにもこうにもおかしい。ものすごく気になっていて、簡単な球をトばすことがあったのだが、真っ直ぐという意識を持つようになってから球が入るようになった。撞点の確認はもちろんする。が、そればかりに意識が行くと、点で球をとらえてしまっていいストロークにならないのだ。撞点に合わせてキューを出せばいい。そう、毎回毎回記載している同じことだ。これからもセンターショットなどの基本練習では、この撞点の確認をしっかりとしていこう。そして、芯をきちっと撞けるように感覚を修正していく。ただし、ゲーム中は撞点に合わせるように、キューを真っ直ぐに出すということに気をつける。そのうち、ゲーム中でも芯がきちっと撞けるよう、無意識の中に取り込まれていくと思うのだ(といいのだけれど・・・)。

|

« ロングドロー | トップページ | ゆっくり引いて・・・ »

コメント

ひさびさのコメントです。
今日のナイトゲームは、一回戦負けでしたよ?

この配置は覚えています。
4番から5番の出しで注意したのは、「5番より右側に持ってくる」ことです。
薄くなっても、サイドバンクでのリカバリーができると思ったので。
この配置、以前は順を入れてついていたのですが、ヒネリ無しの方がクッションからのラインが読みやすいことを発見して以来、それほど嫌でもなくなりました。

この後の6番から7番(図には無いですが、左側の短クッションあたりだったと思います。)も、9番に当てても大丈夫なように撞いてます。
こんな感じで、最近は見えればOK的な感じでおおらかな玉撞きになってきました。
それがいいのか悪いのかはわかりませんが・・・。

長文失礼しました。
また相手してください。

投稿: O | 2006/01/25 01:58

やはり、ヒネリなしのほうが、入れは自信が持てますよね。という僕も、実はヒネリを使わずに入れようと思ったのですが・・・ダメでした。見えればOKという取り方は、僕も一緒です。とにかく「入れ」重視です。

こちらこそ、また相撞き、お願いいたします。

投稿: アライ | 2006/01/25 16:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/8318389

この記事へのトラックバック一覧です: 中心を探ったら:

« ロングドロー | トップページ | ゆっくり引いて・・・ »